ここから本文です

キャブ車とインジェクション車の違いってなんですか?後者の方が燃費がいいと聞き...

nandegikoさん

2008/9/2100:21:21

キャブ車とインジェクション車の違いってなんですか?後者の方が燃費がいいと聞きましたが。素人なもので・・詳しい方、お願いします。

閲覧数:
3,780
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rte45e2さん

編集あり2008/9/2101:04:16

ガソリンを燃焼しやすいように霧状にする装置の違いで、
キャブ(キャブレター)は昔ながらの装置で、
エンジンによる空気の流れを利用しガソリンを吸い上げて
霧吹きやスプレーガンと同じ原理で霧状にする方式。

それに対して、インジェクション(フューエル・インジェクション[FI])は、
ガソリンを加圧装置により高圧で無数の細かい穴の開いた噴射プレートから押し出し霧状する方式で、
殆どの場合電子制御により行われます(エレクトリック・フューエル・インジェクション[EFI])。

その為、燃料の噴射量をコントロール出来ないキャブに比べ、
FIは状況に合わせ常に最適な噴射量にコントロール出来るため燃費や環境対策に効果が高く、
始動性をはじめ走行性能の向上にも一役買っている(車種によっては違いを体感できない場合もあり)。

また、FIは昔はコストや構造の複雑さからの重量の増加等の問題が多かったが、
技術の進化や量産化により解決され、環境対策のしやすさから、
現在はキャブに取って代わってきている(自動車は既にほぼ全てFI仕様)。

ただ、比較的構造が簡単で改造しやすいキャブと違い、
FIは改造などに専門知識と機材が必要で、
キャブの様に気軽に手出しが出来なく、
またフィーリング等の違いからキャブ仕様を好む人も多い。

質問した人からのコメント

2008/9/21 09:00:22

笑う よく分かりました、ありがとう御座います!他の方もありがとう御座いました!

「キャブ車」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/9/2100:52:51

キャブ車とインジェクション車の違いは、燃料の供給方式の違いです。
キャブ車は、エンジンが空気を吸い込む時の負圧を利用して、ガソリンを送り込むのですが、インジェクション車の場合は、燃料ポンプを使って送り込みます。
インジェクション車のメリットは、電気制御の燃料ポンプをコンピュータ制御で使うため、必要な時に、最適な量の燃料を送り込める為、無駄な燃料を使わなくて済む為、燃費も期待出来ます。
デメリットは、システムが複雑になる分重量増加がある事と、故障率が少し高くなるこ事、そして、バッテリーが上がったら、押し掛けしても、エンジンが掛からない事ですね。
対してキャブ車は、負圧利用の為、気温や気圧や湿度によっても吸い込まれる燃料の量が違って来る関係で、燃料の無駄が出やすいですね。
そのかわり、バッテリーが上がる寸前でも、プラグに火花が飛ぶ限り、エンジンを掛けられますし、熟成も進んで増すので、トラブルもインジェクション車に比べたら少ない、自分でセッティングが出来る事も、魅力の一つですね。

sunsunsaigoさん

2008/9/2100:50:10

アクセル開度によってガソリンの出る量を最初に決めてるのがキャブ、燃焼状態や排気ガスや吸気の状態をコンピュータで瞬時に判断しそれに適正に合わせてガソリンの量をその都度コントロールしているのがインジェクション。前車が機械式、後者が電子制御と呼ばれる。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。