ここから本文です

添付の鶴亀算の算出方法が理解できません。 特に3番です。 もう少し分かりやすい...

yan********さん

2018/7/1519:21:09

添付の鶴亀算の算出方法が理解できません。
特に3番です。
もう少し分かりやすい解答方法はありますでしょうか?

鶴亀算,分かりやすい解答方法,算出方法,添付,一箱,10 12 14個,5 6 7個あること

閲覧数:
55
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m2m********さん

2018/7/1603:55:22

(1)6個ずつ入れると、
空き箱1つと半端に入った箱1つということは、
半端を1個入りとすれば、残りは5+6=11個入ります。

(2)最も少ないのは、半端を5個入りとした場合。
だから、1+6=7個入ります。

(3)一箱に4個入れると3個余る。
一箱に6個入れると7~11個足らない。
4個から6個にすると、一箱あたり2個分だけ足らなくなります。
足らなくなる差は10~14個になるが、2個分足らなくなるということは偶数です。
10,12,14個
つまり、箱の数は5,6,7個あることになります。

(4)4個入れると3個余るのですから、
4×5+3=23
4×6+3=27
4×7+3=31
9つの袋にキレイに分けられるので、9で割り切れる。
つまり、27個ですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる