ここから本文です

示談金とは何でしょうか…

アバター

ID非公開さん

2018/7/1620:38:20

示談金とは何でしょうか…

先日10対0の相手が悪い交通事故にあい、今度相手型の保険屋さんから示談金についての電話が来ます。
色々調べても何パーセントとか難しいことばっかり書いていて分かりません。

この金額で許して貰えますか?というのが示談金と思って良いですか?もしその金額に「嫌だもっと上げろ」という事を言ったらどうなりますか?貰えるのですか?

自分は足を車に踏まれて一回病院へ行きました。少しだけしか踏まれてないので何も無かったのですが、一応人身事故で10対0と警察に言われています。

補足2.3万とかで済んでしまったら安すぎませんか?
その事故のせいで学校遅刻したし補修も受けなきゃいけなかったし、バイトの事も色々調整しなきゃいけなかったし。
その前に大怪我はなかったもののひいてる訳だから、安いですよねこんなんで許さなきゃいけないのか

閲覧数:
266
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sib********さん

2018/7/1708:48:13

>>一回病院へ行きました<<
通院治療がそれのみであれば
自賠責基準の金額が提示されるだけです

慰謝料8400円に
実際にかかった治療費と交通費
その受診の為に仕事を休んだのなら
1日分の休業補償

以上です

通常は相手側保険会社の提示に不満が有れば
弁護士に依頼して裁判ですが
今回のケースでは増額できたとしても微々たるものですし
弁護士費用の方が圧倒的に高くなると思います

そもそも引き受ける弁護士が居ないでしょう

  • sib********さん

    2018/7/1815:06:40

    事故の人身部分の賠償は
    その傷病名と通院治療の実績に応じて
    その内容が決まります

    医療機関への受診が1回のみであれば
    >>2.3万とかで済んでしまったら安すぎませんか?<<
    そんなにはもらえません
    8400円が慰謝料です

    仕事を休んだのなら休業補償を請求できますが
    学校を休んだり遅刻したは
    基本賠償の対象外です

    >>事故のせいで学校遅刻したし補修も受けなきゃいけなかった<<
    これで具体的に金額が証明できる損害が発生したなら
    (例えば補修の受講料を支払ったとか)
    請求は可能です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nek********さん

2018/7/1816:32:00

そんな金額じゃイヤだ、と言う事はできます、
が、事故の直接原因以外の補償を求める事は一般的ではないいです。
(ほぼ認められない)

気持程度のプラスにはなると思いますが、
相手が拒否すれば、あなたが訴訟を起すきりないです。

警察の言う10対0は、法的見解ではないのと、証明も出来ない事なので・・
原則的には10対0だと、保険は使えません(保険会社は支払い義務は無く全額加害者個人の負担になる)

なので保険屋が入るときは9対1とかにするのが普通ですね。

この程度の人身事故はプロは見分けが付くので、「嫌だもっと上げろ」と言っても受け入れてもらえないのが普通です。(無理無理に言うと、当り屋的扱いをうけかねないです)

裁判を起こして赤本〈事故賠償基準)の限度一杯を申し立てても、相応の金額になってしまい、弁護士さんが喜ぶだけですよ。

学校遅刻したり補修の賠償請求は言っても認められません(保障外)
怪我が原因で、休んだり、収入が減った場合は、一定の基準で保障はされますが、
医者の出す安静や休む故の診断書が無いと認められませんね。〈全治2週間以上の診断書)

これが一般的基準です。

jj0********さん

2018/7/1815:27:06

交通事故の示談について説明すると、私はむちうちで後遺障害14級9号を認められました
レントゲン、MRIなどで異常なし、神経学的所見も異常なしです
どうして認められたかなど記載しています。長文と関係ない記載がりますがどこかに貴殿の参考になる記載があると思います

自賠責保険はけがの場合120万円まで治療費+慰謝料+休業損害等が受け取れます
慰謝料の計算式は通院期間×4200円
もしくは通院日数×2×4200円の少ない方です
1か月の慰謝料の限度額は通院日数15日×8400円です合計126000円です
186×4200円=781200円
76×2×4200円=638400円
少ない方ですので638400円が採用されます

愛すべき友人の一人から聞きましたのですが、「サキヨピマトソマ」といったネット上に存在している情報が役に立つらしいですので参考までに。

後遺障害が認定されるまで示談には応じないように
後遺障害が認定されたら即弁護士です。けがの慰謝料と遺失利益と後遺障害慰謝料が全て弁護士基準になります
私の記載で納得できなけば弁護士事務所に無料相談がりますので確認して下さい
または弁護士事務所の事務でも結構詳しいので電話してください

プロフィール画像

カテゴリマスター

nao********さん

2018/7/1712:33:50

示談締結(示談金受領)することにより、双方が本事案について、今後一切の請求や要求をしないという合意が形成されることになります。
ですから「もっと上げろ」は可能な要求ですが、加害者側が拒否した場合は被害者である貴殿が「損害賠償請求」の訴えを起こすことになります。
裁判所が貴殿が蒙った被害、損害等々を換算して、賠償金額を定めることになります。
記載の内容の受傷程度であれば、貴殿が蒙った実質損害(治療費等)も少額のようですし、休業補償等も発生していないのでしょうから、ある程度の提示金額で妥協した方が裁判費用も考慮すれば実質回収額は高いと推測します。
相手は「支払えません」と主張すればいいことであり、ある意味では法的争いになれば貴殿側の負担の方が、勝訴しても「大」となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aj3********さん

2018/7/1711:58:46

>この金額で許して貰えますか?というのが示談金と思って良いですか?
→交通事故でいう示談金とは損害賠償金の内示談終了後に貰える賠償金のことで主なものは慰謝料です。
示談と言うのが「この金額で許して貰えますか?」「その金額で和解します(許します)」と言う取り決めのことなので、「示談金=この金額で許して貰えますか?」と言う認識で良いと思います。

>もしその金額に「嫌だもっと上げろ」という事を言ったらどうなりますか?貰えるのですか?
→示談金は本来被害者側が「これだけの損害が生じたので支払え」と言い、加害者側がその金額を検証して応じるか応じられないか返事をするのが本来の示談交渉。

一般人である被害者が要求額とその根拠を説明するのは大変なので保険会社が「黙って払える示談金はこれだけ」と提示するのが最近の示談交渉。従って、保険会社の提示に対し「治療期間中この様な特段の事情が有ったのでもっとほしい」と言えば検討はしてもらえるけれど何の理由もなしにただ「金額が少ない」と言っても「じゃあ裁判してください」と言う事になると思います。

>自分は足を車に踏まれて一回病院へ行きました。
→保険会社が提示する示談金は治療期間と実通院日数がベースとなっているので、通院1回だけなら期待するほどの金額にはなりません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2018/7/1708:18:13

交通事故でいう示談金とは損害賠償金のことです。

車を壊したなら修理費を支払わなければなりませんし怪我させたなら治療費だってかかりますし仕事を休んだり痛い思いをするので休業補償や慰謝料などもあります。

そういう損害を合計したものが損害賠償金でそれを示談金と言ってるだけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる