ここから本文です

☆バラの黒点病について 1 鉢植えでバラを楽しんでいます。 2 ところで,最近,...

yur********さん

2018/7/1721:01:33

☆バラの黒点病について
1 鉢植えでバラを楽しんでいます。
2 ところで,最近,葉に黒い斑点ができ,黄色くなる現象が
発生し,黒点病であることを知りました。

3 そして,いろいろ調べていたら,鉢に「マルチング」をする
と良いと書いています。
4 「マルチング」といえば,冬の寒さ防止のために,鉢に籾殻
を置いたり,切り藁を置いた経験はあるのですが,今の時期の
バラの鉢のマルチングには何を使えばよいのでしようか。
5 どなたか教えてください。

閲覧数:
245
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fan********さん

2018/7/1722:45:49

おそらく、「鉢にマルチングすると良い」と考えた人は、黒星病(黒点病とも呼ばれますが、正式な病名は「黒星病」です)の原因が、「雨水が土に落ちた時に、土の跳ね返りがあり、その土に含まれている黒星病の病原菌が葉に付いて、発病するのだろう」と考えて、「土の跳ね返りを防ぐように、マルチングをすると良い」と考えたのではないかと思います。

しかし、黒星病の病原菌は、鉢の土の跳ね返りが無くても、庭の土の跳ね返りや、風に乗って空中を浮遊して葉に付着しますので、鉢のマルチングはあまり効果がありません。
それよりも「葉の表面の脂分(ワックス層)と油脂とケチンによる層(クチクラ層)を保つ」ようにするのが効果的です。

黒星病を発病した葉を観察すると、下の方の比較的古い葉で発病し、新しい葉では発病していないことが分かると思います。これは、古い葉のクチクラ層が劣化して、水をはじきにくくなり、黒星病の病原菌が水分を確保できるようになったことを意味します。
葉に水をかけると、上の葉は水をはじくのに、下の葉は水をはじかなくなっているのが分かると思います。

葉のワックス層やクチクラ層を保つためには、窒素成分よりもカルシウム成分を比較的多く施肥することです。そのためには「炭酸カルシウム」や「苦土石灰」を、1Lの水に2g程度入れて撹拌したものを、夕方、2~3日に1度ずつ、3~5回位与えると良いです。

それでも、かなり古くなった葉のワックス層とクチクラ層が劣化するのは仕方ありません。古くなった葉の養分は、新しい葉に回そうとしますので、殺菌剤である程度繁殖を抑えて、自然落葉させるのが良いと思います。

質問した人からのコメント

2018/7/18 20:18:11

fan********様
皆様
 ご丁寧なご教授ありがとうございます。

「バラの葉が黄色くなる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

flo********さん

2018/7/1722:18:40

バラのマルチングについて。
最終的には土と同化していくような、土壌改良材のようなものが良いですね。

マルチング材としては、
●バーク堆肥・・・樹木の皮の部分(バーク)を発酵させて作った土壌改良材です。
●植物性堆肥とは・・・落ち葉や枯れ草など植物を発酵させ堆肥化させたもので、土壌改良効果が高いですが肥料分は低いので、鉢植えには良いと思います。

どちらも未熟な発酵ではなく完熟したものを使う事ですね、、今は価格もリーズナブルなのでバーク堆肥を使う人が多いようです。

3㎝以上厚くすると雑草も生えてこなくなります。

土の中に居る糸状菌が黒点病を広げる菌ですが。
雨が降った場合など土の中に居る黒点病菌が、雨の跳ね上がりと一緒に葉裏にはねて付着し増殖していくのですが、マルチングすると土を覆う事になるので黒点病菌を減らせる、、という事です。

ミクロの世界の菌ですからマルチングで消滅してしまうのではなく、増殖する数が少なくなっていく程度、、と思う事ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる