ここから本文です

『日本だけ、石炭火力33基1700万kWを新設? 世界に逆行? なぜ?

blu********さん

2018/7/1918:18:49

『日本だけ、石炭火力33基1700万kWを新設? 世界に逆行? なぜ?

』2018/7/19


◆石炭火力が縮小・廃止へ
米国:この10年で石炭火力の発電量は約4割も減少!
中国:2050年目標として、現在総発電量の70%を占める石炭火力を7%まで減少させる!
英国:この5年で石炭火力の発電量は1/6に減少、事実上の撤退!
ドイツ:2022年までに原発を完全に廃止するが、石炭火力の全廃止の日程もまもなく明示する。

世銀グループ、欧州投資銀行、欧州復興開発銀行は、新設石炭火力への融資停止!
世界から大きく遅れて、やっと日本でも日本生命(株)が新設石炭火力への融資停止。


そんな中で、日本だけが、石炭火力33基1700万kWを新増設しようとしている?
なぜなのか?

10年前は、世界でも1位2位の環境先進国だった日本が、今や「原発や石炭火力」に固執する環境後進国の悪者に成り下がってしまった?

世界各国に比べて、環境対策の先進技術も資本力も潤沢にある日本、一体どうしたのか?
あまりにも情けなくないか?



・・・

『国内の石炭火力新増設計画に見直しの動き-背景に電力需要低下と自然エネルギーの増加』2018/7/18 自然エネ財団

「福島原発事故以降、増加の一途を辿ってきた石炭火力発電新増設計画ラッシュに変化の兆しが現れている。2017年1月に関西電力が兵庫県赤穂発電所の重油からの燃料転換計画を中止したのを皮切りに、今月までに7基、362万kWの計画中止、またはバイオマスへの転換が発表された。

■中止事業者が言及する事業採算性の不安と事業環境の変化

計画中止の重要な理由の一つは、事業者の予想に反して電力需要が伸びなかったことである。国内の電力需要は2010年以降、5年で約10%も減少してきている。2027年までの最大需要電力量の平均増減率は0.1%であり、今後10年間も大きな変動や増加は見込まれていない。

第二の要因として、自然エネルギーの拡大がある。需要が大幅に減少する中で、自然エネルギーの割合は増加を続けており、発受電量に占める割合は2010年の9%未満から2016年には15%まで増加した。

第三の事業環境の変化は、パリ協定の採択と、これに基づいて二酸化炭素排出が最も多い電源である石炭火力のフェーズアウト期限について各国政府が次々と2020~30年を目途として発表したこと、また金融・ビジネス界も石炭火力事業の投融資撤退を掲げ、大きく脱炭素社会に向けて舵を切ってきたことである。国際的には石炭ビジネスに関わることは企業評価や価値を落とす要因になる。

今後さらに事業環境が変わる要因としては、自然エネルギー利用度をあげていこうとする電力ユーザー企業側の動きがある。

■注目される残り33基、17GWの新増設計画の行方

福島原発事故以降、中止された事業、及び既に稼働した事業を除いても、今後まだ33基、約17GWもの石炭火力新増設事業が全国で計画されている。これまで計画中止を発表してきた企業の多くは、ここに挙げたような事業環境の変化と、それ伴って事業性がなくなったことを中止理由として挙げている。33基の新増設計画事業者も、今一度気候変動及びエネルギー需給の現状と動向を踏まえ、当初の事業計画を見直す時期に来ている。」



・・・

◆原発も石炭火力も、あらゆる観点から、もう完全に不要になっている。

【火力】
・老朽火力を最新LNG火力(熱効率64%)に更新/転換するだけで、短期間に民間資金で、輸入燃料費もCO2も1/2とかに激減させられる。それだけで日本国に莫大な利益が発生する
・LNG火力は、原発や石炭火力とは違って出力調整が容易なので、再エネの出力変動の調整が可能
・次世代LNG火力は、燃料電池技術の応用で、熱効率70%も狙える

【再エネ】
・日本以外の世界中で、太陽光も陸上風力も着床式洋上風力も、発電コストが火力並みかそれ以下に下がった
・今後、太陽光はさらに大幅に下がり、浮体式洋上風力は2030年に5.2円/kWh(火力の半額)を目指している
・日本はドイツよりも9倍の再エネ資源量があると言われるが、日本だけが再エネの導入量も増加量も圧倒的に少ない

【原発】
・米国や英国の公開されている原発コストを見れば、政府/自民党の言う「原発のコストは安い」が大嘘であることはすぐにわかる。全ての項目で、原発は火力や再エネよりも高い。
・特に、再稼働で増加する核廃棄物の将来コストはすさまじい
・原発は出力調整ができないので、原発を残すと、出力変動の大きい再エネの大幅拡大はできない
・地下が未知の活断層だらけの日本列島では、原発の安全化は原理的に不可能だ

【蓄電池】
・2010年から2016年までの6年間で、蓄電池コストは1/4に下がった
・2025年には、全個体電池の登場で性能が4倍になるという
・2030年には、EV車の普及が大々的に始まり、蓄電池コストは現在の1/10~1/20に下がる可能性あり
・2030年代には、太陽光や風力の出力変動は、LNG火力や揚水に頼らなくても、蓄電池で調整できるようになる

石炭火力,熱効率,蓄電池コスト,再エネ,新設石炭火力,youtu.be,CO2

閲覧数:
105
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lul********さん

2018/7/1920:02:29

トップ(安倍晋三)がバカなので、バカな政策しか出てこないのです。

安倍を擁護するネトウヨたちも安倍一派と同類のバカと考えて良いでしょう。

彼ら工作員たちは、テンプレをもとに質問回答をしてくるので、原子力縮小→火力増強という古臭い論理しか出てきません。

CO2を排出する火力は原子力とともに21世紀中には消え去る運命です。

ついでに言えばエネルギーミクスという考え方も20世紀的考え方ですね。

原子力はすでに消え去る運命で、21世紀の発電は浮体式洋上風力を中心に考えるべきです。


欧州電力 風力がけん引役 火力は採算悪化 休止もという状況です。

私の過去回答より回答致します。

【フランクフルト】

欧州電力会社の業績が、再生可能エネルギーの取り組みの有無で明暗が分かれている。

洋上風力の世界最大手、デンマークのアーステッドは2018年1~3月期の営業利益が前年同期に比べて倍増した。

スウェーデンのバッテンファルも、風力部門が21%の増益となった。

アーステッドのヘンリク・ポールセン最高経営責任者は決算会見のなかで、好業績となった要因をこう語った。

「稼働している洋上風力が、より多くの電力を生み出すようになってきた」

アーステッドの営業利益は108%増加し、41億クローネ(約720億円)となった。

同社の熱電供給に占める再生可能エネルギーの比率は12ポイントも高まり68%になっている。

バッテンファルは火力や原子力の分野から再生可能エネルギーに軸足を移しており、営業利益は15%増え70億クローナ(約890億円)となった。

水力と風力の増益が火力部門の落ち込みを補った。

風力事業が好調なのは建設から運営、廃止までの費用が下がった要因が大きい。

その理由のひとつは建設費の下落。

風車が大きくなったうえ、組み立てやすい技術のおかげで建設期間も短くなった。

欧州では17年、風力・太陽光・バイオマスの合計発電量が石炭火力を超えた。

電力会社の再生可能エネルギーの運営ノウハウは年々蓄積され、コスト削減につながっている。

実際、ドイツや英国では陸上風力や太陽光の発電費用が石炭火力を下回っている。

コストダウンを裏付けるように発電事業者の入札では3月にオランダ、4月にドイツでそれぞれ洋上風力が補助金ゼロで落札された。

17年4月に決まった初めての補助金ゼロの風力案件に続く動きだ。

割高とされてきた風力のイメージは過去のものになっている。

火力発電の旗色は悪い。

独RWEが15日に発表した決算では調整後の営業利益が13%も減り、14億1600万ユーロ(約1850億円)。

電力小売会社に販売する卸価格が、発電コストの安い再生エネルギーとの競争で下がった。

RWEは3月に独電力大手のエーオンと、再生可能エネルギーと送配電の事業を交換することで合意した。

一度は本体から切り離した再生可能エネルギーだが、再び参入する。

ユニパーは調整後の営業利益が32%減って3億5千万ユーロとなった。

欧州の発電部門で、火力発電の営業利益が半減した。

ユニパーは独南部にあるガス火力の発電所2基を19年以降に休止する。

再生可能エネルギーにおされ採算がとれなくなっている。

英仏やオランダ、イタリアは石炭火力発電の廃止目標を掲げている。

「脱原子力」を優先し火力の比率が高まっているドイツでも、近く政府が脱石炭にむけた道筋を議論する委員会を発足させる見通しとなっている。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO30606470W8A510C1TJ2000/?n_cid=SPTMG002


【記録】2011年3月14日11時1分

臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)

この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった

youtu.be/0S15pZvEOFk

福島の真実がここにあります。真実を知りたい方はぜひご覧ください →

脱被ばく実現ネット(動画)

youtu.be/Rh6tig2YHvc

三田医院の三田茂医師インタビュー

https://youtu.be/pPBzEXYmOSw

原発引っ越し 神原将

amzn.to/2sFR8nH

【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】

映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください

無料で見られます

一億人が見たら変わります

一人でも多くつないでください

youtu.be/Vhb5pCXMkxU

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity

トップ(安倍晋三)がバカなので、バカな政策しか出てこないのです。...

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2018/7/2418:50:33

見直しだなどと、とっくの昔に知れていることを並べ立てるだけで、ようするに珍三政権が斜陽になって保護を受ける目算が狂ったってところだろう。

だが今の段階ではまだ世間の矛先をかわしそらしするために両天にかけているだけだ。
珍三政権のポチであることにゃ変わりはない。

ere********さん

2018/7/2418:07:37

> 『日本だけ、石炭火力33基1700万kWを新設? 世界に逆行? なぜ?』

日本の新型石炭火力は燃費が良くてCO2を含めても公害が少なく、石炭は世界中で不人気なので、安定的に輸入可能だからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pow********さん

2018/7/1920:18:23

この技術導入すれば問題ないかと?既存の石炭火力もアンモニア混ぜることで
Co2の削減は可能と聞いてます。
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&c...

アメリカでは確か稼動しているはずですが?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる