ここから本文です

教典なんて残したって、後の弟子(を自称する教祖連中)が勝手に自分の都合のいい...

アバター

ID非公開さん

2018/7/2612:38:20

教典なんて残したって、後の弟子(を自称する教祖連中)が勝手に自分の都合のいいように解釈して、俺が正しいとばかりに次々いろんな教団、宗派を作って、そんなのない方がいいじゃん?

閲覧数:
49
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zen********さん

2018/7/2700:46:51

全くその通りです。
経典なんか必要ありません。だから釈尊は経典を残されなかったのです。

真理とは実際に体験するものであって、経典で学ぶものではありません。

禅では真理の体験を見性体験と呼んでいます。この見性体験だけが悟りの絶対条件です。見性体験をした者は経典を学ばなくても悟りが開けます。反対にいくら経典を学んでも見性体験ができなければ絶対に悟りが開けることはありません。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hou********さん

2018/7/2706:54:52

禅宗では、重要な教えは一部の弟子にしか教えません。法を重くする人は自分の都合のよいように解釈せず、必ず祖師の説かれたことを根拠にしているのです。

新興宗教の教祖らは、名誉欲しさに信者を食い物にする連中ばかりです。本当の宗教は、その教えを実践すれば、みんなが幸せになるものです。

fun********さん

2018/7/2620:51:25

仏教は経典なんかは、メインじゃないから無くても良いけど

正法さえあればね

dok********さん

2018/7/2613:31:01

儒教は日本では明治維新の偉業をなしとげる原動力としてうまくいったのですが、仏教に関しては、まるで駄目みたいですね。
日本も一流国なんですけど、仏教徒はなぜ儒教を学ぼうとしないのか、日本を亡国にする原因は、仏教のカルト性、教えの排他性、そもそも役に立たない、なんでも仏教的にしか解釈できない自己中心主義にあると思います。
仏教徒は自分たちがすぐれていると錯覚し、他を見下すような、そういう教えになっているということです。

zez********さん

2018/7/2613:22:26

座学すら不純、ただひたすらに念仏することのみが救われる道だと念仏の実践に過労死した一遍の死後に、弟子たちが教団を作り分裂して以下略、と、要するに何をやってもやらなくても開祖の死後は割れるんですよ。
自分が死んだ後に教えがどうなるかなんてことを気にすること自体が我に振り回された言動です。死んだらそれまでと前向きに諦めることが、悟りへの道なのかな、って。

qpe********さん

2018/7/2613:00:48

インチキ教団に引っ掛かる人が無くなりませんから
貴方のお考えでは
更にインチキの増殖に拍車がかかります。

正しい経典は変えようが無く
現在でも保持されて居ります
『 勝手に自分の都合良く解釈 』の組織に
帰依(自分の心を渡すこと)するのは
悪の仲間入りと同じです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる