ここから本文です

脅迫罪について教えて欲しいです。 あるミュージシャンのファン同士でTwitterで揉...

kni********さん

2018/7/2620:07:22

脅迫罪について教えて欲しいです。
あるミュージシャンのファン同士でTwitterで揉めています。きっかけはA(30代男)が撮った写真をTwitterに上げて、その写真をB(十代前半の女の子)が自分のツイートで写真を引用した事

です。
その事に腹が立ったAがBにDMで連絡し揉めた結果、最終的にAがBに
「顔は解っています。次のライブの時に気を付けて下さい。」
と送ったのです。そのDMの内容をBがTwitterに上げて発覚した事で、証拠として残るものです。これは脅迫罪になるのでしょうか?
もちろん脅迫罪の事は憲法も見て調べましたが、具体的な内容でない為、詳しく教えていただきたいです。宜しくお願い致します。

閲覧数:
45
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

2018/7/2620:28:40

憲法を見ても分かりませんよ。

まず、刑法222条「脅迫罪」でいう脅迫は「一般に人を畏怖させるに足る加害の告知」を意味します。このときBが実際に怖がるか、またAに危害を加える意思があったかは無関係。

そして、「畏怖させる」かどうかは、被害者の年齢や地位等の事情を考慮して判断することになります。

>「顔は解っています。次のライブの時に気を付けて下さい。」

これは「ライブで出会ったら攻撃するぞ」と言っているようなもので、13歳の少女を怖がらせる可能性は高いと言えるでしょう。

なお告知方法については、口頭、文書、行動、態度など何でもあり。明示・黙示も問わない。つまり何でもありなので、DMであれ脅迫罪は成立する可能性があります。

よって、私としては「脅迫罪が成立する」と考えますが、所詮は素人判断なので、弁護士に相談された方がよろしいと思います。

質問した人からのコメント

2018/7/26 22:38:18

大変詳しくありがとうございます。私は両方と知り合いでどう対応すれば良いのか判断に迷っていました。弁護士に相談してみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mim********さん

2018/7/2622:31:16

憲法には載ってませんよー

これは遠回しですが暗に、次のライブで会ったとき何かするぞ?っていうことを示していますね。加害の告知です。
しかも脅迫罪の保護法益はそのひとの「自由」でこんなことを言われたら、その女の子はこわくてライブに行けなくなってしまうかもしれません。ライブに行くというその子の自由意志が明らかに阻害されています。よって脅迫罪になるんじゃないかと

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる