ここから本文です

消費者金融の過払い金は 10年過ぎると時効になるそうですが、最後の完済日から10年...

kar********さん

2018/7/2807:56:30

消費者金融の過払い金は 10年過ぎると時効になるそうですが、最後の完済日から10年となる数日間前でも それ以前の過払い金が 清算できるのでしょうか?

それと 司法書士の事務所が やたら熱心に勧誘してくるのですが、弁護士で無い司法書士でも 過払い金の請求できるのでしょうか?

補足☆補足します
上の質問意外に 20年〜30年前の期間に 借りたり返したりしていました。
つまり借りては完済 借りては完済を繰り返したのですが、これはやはり時効でしょうか?

閲覧数:
220
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/7/2909:06:31

はじめまして。私は実際に消費者金融での勤務経験があるので参考にしていただけると思います。

まず過払いの時効についてですが、原則、「最終弁済から10年」と解釈するのが通常です。

理論的には、その範囲であれば、数日前でも過払い請求は可能です。
(ギリギリであれば時効中断させるために、訴訟が前提になってくると思われます。)


また、借りたり返したりを繰り返していたとのことですが、これは、ちょっと複雑です。

例えば、
①ひとつの包括契約で、借りたり返したりしていたのか
②借りる都度、新たに契約締結をし直していたのか
でも異なってきます。

このように、一連の契約なのか、個別の契約なのかで、引き直し計算した金額は変わってきます。
(増額は、通常、一連の契約と見なされますが、再貸しは別個の契約ともなされます。)

一連計算の方が、減額幅は大きくなるので、過払い額は大きくなります。


但し、ここに記したことは、あくまで理論的なことです。
資金力のある大手と違い、中小消費者金融は、過払い返還が原因で、廃業に追い込まれる会社も多いので、彼らも生き残りをかけて必死です。

彼らの瀬戸際外交ぶりについては、面白い記事があるのでよかったら参考にして下さい。

http://cashingood.net/column/mamechishiki/%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E6%B6%...


あと、司法書士についてですが、簡裁等関係業務認定考査試験に合格した、「認定司法書士」であれば、訴額140万円以内の簡裁代理権があるので、140万円以内の事件であれば、代理人となることは可能です。

但し、実際は、140万円を超えている案件や、自己破産のような地裁案件でも、司法書が介入してくるケースはあります。
厳密に言えば「越権」だと思います。

かつては、「代理権がない者との交渉には応じない」として、請求を続ける消費者金融もありましたが、結局はトラブルのもとなので、いまどきは、司法書士介入でも柔軟に対応している会社がほとんどです。

  • 質問者

    kar********さん

    2018/7/3116:30:21

    お答えありがとうございます。
    問題解決しました。
    下の回答に 理由書き込みしました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

puk********さん

2018/7/2810:20:06

「弁護士で無い司法書士でも 過払い金の請求できるのでしょうか?」
できます。司法書士にも一定の借金の整理手続と140万円以下の民事訴訟の和解・交渉・訴訟代理権が認められています。過払金請求であれば、その請求額が140万円以下ならできますね。

「最後の完済日から10年となる数日間前でも それ以前の過払い金が 清算できるのでしょうか?」
民事上の時効は、刑事法における時効(公訴時効など)とは違います。刑事法の時効では、原則として時効期間が経過すれば、時効の効力が発生しますが、民事上の時効では、刑事法とは違うはたらきをします。

で、質問の場合でいえば、例えば、時効の完成が8月1日だったとします。で、相手方への請求を7月31日にします。この場合、請求をした7月31日から、実質的に6ヶ月、時効の完成が先延ばしになります。(ちょっとこのあたりの時効のはたらきについて、複雑な説明になってしまいますので、ざっくりとした説明です)

但し、この6ヶ月の間に相手が支払いをせず、請求者が訴訟を起こさなければ、時効が6ヶ月先伸ばしになったことは、なかったことにされます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ecu********さん

2018/7/2808:04:10

司法書士でも出来ます。ただ弁護士ほどのことは出来ません。
10年と言う月日を考えますと弁護士のほうが確実かと。

過払い金の取り戻しは手間がかからない割に、簡単に士業の事務所には大金が転がりこみます。

その関係でやりたがる士業の人は多いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる