ID非公開

2018/7/29 20:55

11回答

Q.前夫と離婚してから110日目に再婚し、再婚してから180日目に子供が生まれた場合、生まれた子供は再婚後の夫の子供と推定される。 どなたかこの問題の解答を教えてください。

Q.前夫と離婚してから110日目に再婚し、再婚してから180日目に子供が生まれた場合、生まれた子供は再婚後の夫の子供と推定される。 どなたかこの問題の解答を教えてください。 よろしくお願いいたします。

一般教養32閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

離婚が成立してから300日以内に妊娠・出産した子供は、前の夫の子供と推定する法律(民法第772条)に基づき、生まれた子どもは「前夫の子ども」と推定されます。 つまり、前夫と婚姻を解消してから290日後、 現在の夫と再婚してから180日ですから、生まれた子どもは「前夫の子ども」となります。 【(嫡出の推定) 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。 2 婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。】 (民法第772条) 2016年6月の民法改正により、 ・女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月から離婚後100日に短縮 ・離婚時に妊娠していなかった場合、100日以内でも再婚可能にする と、一部改正されました。 法律の改正前も改正後も、女性が離婚後300日までに生んだ子どもが前の夫の戸籍に入ってしまうことは変わりません。加えて、改正前も改正後も女性が再婚してから200日までに生まれた子どもは前の夫の戸籍に入る、という決まりがあります。 改正後は再婚禁止期間が6カ月から100日に短縮されたため、離婚後300日以降に生まれた子どもは、再婚した夫の子どもとして法律で認められるようになります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご解答ありがとうございます! 〇×問題だということを書き忘れていたことに今気が付いたのですが、詳しく解説まで載せていただき理解できました。 ありがとうございました。

お礼日時:2018/7/29 23:44