ここから本文です

日本はどうして電柱と電線があんなにたくさんあるんですか?

dor********さん

2008/9/2323:48:29

日本はどうして電柱と電線があんなにたくさんあるんですか?

補足台湾の人に、日本へ行ったときにあんなにたくさんの電線と電柱を見て驚きました。と言われました。

閲覧数:
297
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jab********さん

編集あり2008/9/2400:18:54

マジレスすると国土の隅々まで早い時期から電気が通っていたから。

だな、発展途上国との比較と主要先進国とでの比較では意味合いが全然違うからなぁ
質問の仕方に難あり

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pen********さん

2008/9/2422:48:09

電気会社と電話会社が仲が悪いからです。

poi********さん

2008/9/2401:42:02

ちょっと質問が曖昧なので分かりづらいですが、
他の方が書かれているように日本は比較的昔から電気が各家庭に通っていたからです。

で、当時は今のように電柱を地面に埋めるという技術がなかったので、
普通に地面に立てる・・・という手法をとりました。

なんで、今になっても立ってるのか?と言うと、全部地中に埋めるとなると
もの凄い金額になるからです。

あと、もう一つの理由として聞いたことがあるのが(本当かどうか知りませんが)、
地震などで電気がストップした際に早く復旧出来るように・・・との事です。
地面に埋めてしまい、地面の中で断線などの問題が起こってしまうと、
また掘り出す必要があります。
地震復旧のさなか、辺りがガレキや崩壊した家などで覆われている状態で
重機を繰り出して掘って、直して、また埋める・・・
というのがもの凄く手間も時間もかかる・・・という事だそうです。

mig********さん

2008/9/2400:06:11

どことの比較ですか?

立てられたときの技術的制約からくるコストと
電力や通信を使う効果の比較の結果です。

山上の一軒家に光通信の通信線を引く場合、
現在でも電柱を利用するでしょう。
同じ道路上に大量の通信線が必要な場合は
地下の共同洞道が利用するでしょう。

近隣諸国に比べ、早い段階で電力と通信線の全国網
が、造られましたので、電柱と電線が沢山ある印象に
なられるかも知れませんが、どこと比較しての印象なのか
解りませんので、このくらいにします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる