ここから本文です

大根を下ろし金で摺った物を大根すりと言います。 大根すりを下ろし金の意味で...

ptc********さん

2018/8/221:46:00

大根を下ろし金で摺った物を大根すりと言います。

大根すりを下ろし金の意味でも言います。

食べ方は、大根をおろして鰹節をかけ醤油をかけて食べます。

この様な呼び方は方言ですか。

何処の方言ですか。

閲覧数:
68
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yuh********さん

2018/8/222:54:54

大根の場合いは、だいたい「おろし金」で統一されていますので、通常は現代では「大根おろし」で標準語(共通語)として使われていますが、江戸時代頃までは、あの、間違えば指まで擦ってしまうトゲトゲのおろし金を使わずに、「すり鉢」を使って下ろしていましたので、その時の名残りが「大根すり」ですね。
大和芋(ヤマイモ)を擂るのと同じ「すり鉢」ですよ。

何処の地方の…ということでは無くて、昔ながらの伝統のある地方では何処でも「大根すり」という語は使われていますよ。
ただし、50歳代くらいよりお若い人に聞いても、多分、知りませんね〜、と言われたら終わりです。それは、その地方では使われていない…ということでは無くて、ただその年代のヒト達が知らない、というだけのことです。

「擂(す)る」というのは、実のところチョッと縁起が悪いので、「忌み言葉」として使わないこともあったんですね。

スルメ→アタリメ(イカのスルメですよ)
硯(すずり)→当たり鉢

と、古来、言い換えられたことなど。
そうしたタブーもあって使わない地域もあったんだろうというだけのことですね。そんなコトを気にしない地域では、普通に使っていましたよ。

※方言というのは、厳密にいうと、現代の共通語として通用しないもの、などを指します。嘗ての京都言葉(ミヤコの言葉)であっても、もう今では使わなければ「方言」に分類されますが、「大根すり」は、方言には当たらないように思いますね。理由は、うえに述べた通りです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

byi********さん

2018/8/222:06:26

大根すり、というのは初めて聞きました。
私は関西ですが、大根おろし、と言います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる