ここから本文です

今現在開催中のAmazonのタイムセール祭りでフライパンの購入を検討しています。

ano********さん

2018/8/303:20:25

今現在開催中のAmazonのタイムセール祭りでフライパンの購入を検討しています。

ダイヤモンド加工とセラミック加工がされたフライパンはどちらのほうが良いですか?

各加工の特徴、メリット、デメリットを教えて頂けませんか?

回答を参考に致します。

回答宜しくお願い致します(_ _)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
57
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

twe********さん

2018/8/311:05:27

表面加工をしている鍋全般に言えるのは、ダイヤモンドとか名前だけに魅せられて買ったものは半年ないし1年で効果が薄れるという事。一生使えてしまったら買い替え需要が減ってしまいますから、会社として良い物を作っても経営的に失敗ですよね。あと、そういう加工が施されている鍋は強火が使えませんから、ステーキを焼いたりチャーハンを作るなど強火の調理が必要な場合は、表面加工がないスキレットやフライパンや中華鍋が適しています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kum********さん

2018/8/714:12:17

ダイヤモンドコーティングのルールのフライパンがおすすめです。

kor********さん

2018/8/423:25:02

何でメリットなのにデメリットなの???

メリットがないなら、デメリットじゃなくて、メリットがないです。

メリットがあるから車を買うわけで、車に乗らないからって、車ががデメリットではありません。

メリットがあっても無くても、同じものです。

zat********さん

2018/8/401:36:39

一般的にはダイヤモンド(フッ素樹脂加工の一種でダイヤモンドは大した意味を持っていません。気分的なものと思って下さい)の方が良いでしょう。
どちらも使用しているうちに最初は見事に焦げ付かない、こびりつかなかったものが
徐々に能力が落ちていきます。セラミックはその落ち方の落差が激しく、悪評が多数発生している理由です。(セラフィットで検索してみて下さい。過去形ですがボロカスに書かれています)
いずれも強火や空焼きを控えることで長持ちさせることが出来ますが、美味しい料理は強火調理が必要な場合が多く、商品の長持ちを取るか料理の出来を取るか難しいところです。
セラミック加工のメリットですが、表面仕上げが堅く耐摩耗性には優れていると思います。又遠赤効果も発揮され、中火以下でも十分な火力と謳われていますし、実際そんな感はあります。でも先述のくっつかない力がだめになる落差が激しいのがマイナス点でおすすめできません。ずっと弱火で使うことが出来るなら評価も変わってくると思いますがそんな方は少ないでしょう。

m00********さん

2018/8/315:49:10

安いものはそれなりの品ですよ。
セールで飛び付いて安物買いの銭失いにならないよう注意してください。
自分はアイリスオーヤマのセラミックパンセットを購入したことがありますが、肉を焼いてもキレイに焼き目・焦げ目が付かずフライパンとして機能を果たしていませんでした。何回か使用しただけですぐにこびりつくようになりました。
調理器具として名のあるメーカーのそれなりの値段の物を選んだ方がいいですよ。
ティファール、ビタクラフトを4年くらい使用していますが、まだコーティングはキレイです。
安くてもダイヤモンド加工の方が使えると思います。
安かったら、コーティングが剥がれればまた安い物を買えばいいと割りきれます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる