ここから本文です

数値予報の手法で、複数の初期値を用いて予報値の集団を作成し、予報の傾向をつか...

q12********さん

2018/8/1200:01:08

数値予報の手法で、複数の初期値を用いて予報値の集団を作成し、予報の傾向をつかむ方法を何という?

インビジブル予報フレキシブル予報アンサンブル予報

閲覧数:
87
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mac********さん

2018/8/1211:03:41

「サンサンブル予報」です。

まず、数値予報結果の誤差の原因は大きく2つに分けられ、ひとつは初期値に含まれる誤差が拡大すること(バタフライ効果)、もうひとつは数値予報モデルが完全ではないことです。

数値予報では、わずかに異なる2つの初期値から予報した2つの予報結果は、初めのうち互いによく似ていますが、その差は時間の経過とともに拡大します。これは、大気の運動にある特徴的な性質「初期値の小さな差が将来大きく増大する」というカオス論的な振る舞いのひとつ(バタフライ効果)です。実際の数値予報では、観測データの誤差や解析手法の限界から、初期値に含まれる誤差をゼロにすることはできず、時間とともに誤差が拡大することを避けることはできません。

また、数値予報では、計算機の性能の限界により、ある大きさの格子を用いた近似式で気温や風等の予測計算を行います。このように近似式を使っていることからも、予報結果に誤差が生じます。

以上のような誤差の拡大を事前に把握するため、「アンサンブル(集団)予報」という数値予報の手法を利用しています。この手法では、ある時刻に少しずつ異なる初期値を多数用意するなどして多数の予報を行い、その平均やばらつきの程度といった統計的な性質を利用して最も起こりやすい現象を予報するものです。

現在は、5日先までの台風予報、1週間先までの天気予報、それより長期の天候予測にアンサンブル予報を利用しています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uni********さん

2018/8/1203:16:54

『アンサンブル予報』ですよ。

アンサンブル予報は、5日先の台風予報や1週間先の天気予報など、主に中・長期の予測に利用されています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる