ここから本文です

双葉町や大熊町が過去に原発誘致したのは地域の活性化のため?

サンショウさん

2018/8/1211:11:39

双葉町や大熊町が過去に原発誘致したのは地域の活性化のため?

閲覧数:
24
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/8/1211:26:38

原発があると自治体の財政が桁違いに潤います。

通常経常収支が赤字の団体は地方交付税交付金等の国からの交付金を歳入とすることで収支を維持しています。
しかし原発がある自治体では原発からの収入が多額であるため、
収支が赤字になることがあり得ません。

財政が潤うと社会福祉、教育等、どれをとっても手厚く、
医療費の無料化等の政策も用意です。
また学校や図書館、病院、公民館、体育館、屋外スポーツ施設、上下水道施設、道路、水路、役所の庁舎、等々
公共施設を見ればすぐわかりますがとても立派なものばかりです。
普通の地方自治体では老朽化した施設を修繕しながらなんとかやり繰りして使っています。あんなに立派な施設を次々と建てることは不可能です。

地域活性化には違いありませんが、一番の目的は「財政」を潤すというところです。
原発事故の地域の方には申し訳ありませんが、
自分(たちが選んだ自治体の長)が誘致に賛成し、
今まで多額の資金を得て他では考えられないほど良い思いをしてきたのを、事故が起こると他の自治体に頼るようなことはどうかと思います。しっかり積み立てして災害時に備えておくべきでしたね。

質問した人からのコメント

2018/8/17 22:00:55

回答ありがとうございます!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる