ここから本文です

漢字の成り立ちについて

アバター

ID非公開さん

2018/8/1217:29:56

漢字の成り立ちについて

「迎」 の右側と 「柳」の右側の1本入るかどうかでいつもわからなくなります(仰 なども)

何か法則があるのでしょうか?

閲覧数:
193
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kn_********さん

編集あり2018/8/1218:18:00

成り立ちは文字により違いがありますが詳しくすると長くなるので簡単に説明します。

仰・迎・昂
「卬」①→上を仰ぐ、敬意を払う
※共通点
「卬」の読み「ゴウ」により、音読みに「ゴウ」をもつ。


「卬」②→「印」の変形
「印」→手で押さえつける


卯・昴・貿
「卯」①→門を開ける
※共通点
「卯」の読み「ボウ」により、音読みに「ボウ」をもつ。

柳・留・溜
「卯」②→「丣」の変形
「丣」→留まる、水溜り
※共通点
「丣」の読み「リュウ」により、音読みに「リュウ」をもつ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/8/1220:10:31

    漢字の音読みで区別できるのですね!
    これからは迷わなそうです
    ありがとうございました

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる