ここから本文です

✴︎ネタバレあり✴︎この世界の片隅に で下記のセリフの意味がわかりません。 ...

mir********さん

2018/8/1222:40:57

✴︎ネタバレあり✴︎この世界の片隅に で下記のセリフの意味がわかりません。




ネタバレありです。漫画この世界の片隅で、すずの下記のセリフというかモノローグみたいなのがありますが、

意味がよくわかりません。なんでこの流れで急に「鬼ちゃん(お兄ちゃん)が死んで良かった」なんて思うんですか?急にこんなしかも残酷な感想をすずさんが思っててびっくりしました。いくら兄が恐かったからって兄が死んで良かったって。。。しかも急にそんな感想ぶっこむか?と疑問です。

「あれ以来 周作さんとろくに話していない
家が焼けたら出て行けばいいのに
わたしは 死んだ人が転がっていても平気で通り過ぎた
一つしか違わんすみちゃん
わかっている
歪んでいるのはわたしだ
まるで左手で書いた世界のように
あぁ 良かった
鬼いちゃんが死んで 良かったと思ってしまっている」

閲覧数:
1,804
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eig********さん

2018/8/1316:12:01

義姉の娘を死なせてしまった罪悪感、右手を失った己の不幸を受け入れきれずに、周りも不幸であれば己の慰めになる、というような思考になっていて、それが歪みで、分かっていながらその歪みをどうする事も出来ないという心境の吐露だと思います。

「あれ以来 周作さんとろくに話していない 家が焼けたら出て行けばいいのに」⇒通りすがりの空襲で家を壊された女の人と自分を重ねていて、壊してもらえて出ていく口実ができてよかったろうにという歪んだ思考で、自分が北條家を出たがっている心境を表していると思います。

それが、手の怪我をして以来周作と話していないのは、家を出たいという心境から向き合う事を避けてるって事だと思います。


「わたしは 死んだ人が転がっていても平気で通り過ぎた 一つしか違わんすみちゃん」⇒ひとつしか違わないすみちゃんはちゃんと死んだ人を参っているのに自分は平気で通り過ぎている、これも己の不幸の事しか考えられず周りに目がいかない歪みの自覚を表していると思います。


「わかっている 歪んでいるのはわたしだ まるで左手で書いた世界のように」⇒右手を失った己の不幸を受け入れきれずに、思考が歪んでいるという自覚を表していると思います。


「あぁ 良かった 鬼いちゃんが死んで 良かったと思ってしまっている」⇒死という鬼いちゃんに降りかかった不幸で、己の不幸が慰められて喜んでしまっている、それが歪みと分かっていながら、その気持ちを抑えられない、って事だと思います。

  • eig********さん

    2018/8/1320:39:57

    歪みの顛末です。

    この歪みは、義姉の支える言葉と「すずさんがイヤんならん限りすずさんの居場所はここじゃ」と言われ実家に戻るのを取り止め、嫁ぎ先を自分の”居場所”と定められて、立ち直ります。

    実はこの居場所がキーワードだと思います。

    鬼いちゃんへの思いです。

    原爆に倒れた妹を見舞った時に、手があれば鬼いちゃん冒険記でも描いてあげられると言ってました。

    描いてあげられるとは鬼いちゃんの為という意味を含んでいて、その内容が幸せそうな鬼いちゃんを思い描いている事から、鬼いちゃんの死を喜ぶ心境ではなくなった筈で、歪みからの立ち直りが分かります。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「この世界の片隅に ネタバレ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

num********さん

2018/8/1318:13:13

すずさんの心情は、eigさんの仰る通りだと思います。

私から補足しておきたいのは、
これは決して「急に」出てきた話ではないということです。

その前にも、北条家に焼夷弾が落ちてきて
対処するのを躊躇したシーンがありましたが、
あそこは「この家が燃えてしまえば広島に帰れるだろうか」
と逡巡するシーンです。

その前後で「あの人、家を壊されてどうしんさったんじゃろ。
この都市を出ていけたじゃろうか。家を壊してもらえて
堂々と出ていけたじゃろうか」と思い起こし、
20年7月「この家はまだ焼けない」とまで考えています。

呉の空襲の後に周作に会って、リンさんのことを心配するふりをして
言わなくてもよい三角関係の秘密を当てつけました。


この漫画は全体を通して、ユーモアにあふれた穏やかな日常が
淡々と続くように見えて、実は全てのエピソードが
「なんで知らない土地で我慢して暮らさなきゃならないの。
江波に戻りたい。子供の頃に戻りたい」という
すずさんの幼稚で陰湿な心が見え隠れするようにできています。

それまで絵を描くことでしか他人と繋がれなかったのが、
その右手と晴美さんを失ってしまったことで
真正面から向き合おうとしなかった自分の隠された側面に
否応なく気付かされていくという一連の流れの中に
この「鬼いちゃんが死んで良かった」もあります。

もちろん、生きていてほしかったとも思っていますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shi********さん

2018/8/1313:33:07

仮説ですが、

・兄がこんな自分を見たら間違えなく怒ってくるし、実家には帰らせてはくれないだろうから

・兄が生きていたら、戦争に駆り出されて死ぬ運命にあったかもしれないから

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる