離婚後の生活費について

法律相談 | 家族関係の悩み815閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(8件)

0

dir********さんとのやり取り詠みましたが、 >と言うか、慰謝料も収入なので、その分、毎月保護費が減額されますが、 >その点は了解済み? >質問者 hor********さん >それは大丈夫です。手渡しのため…ゴニョニョですが。 「不正受給」の意図がありありですね。 (元)夫婦ともども

0

法テラスを活用したらいかがかと思います。 法テラスでは無料の相談量で電話相談(法律相談)を実施しています。 電話番号は、下記や電話番号案内104で確認ください。 http://www.houterasu.or.jp/index.html 無料の相談量での面談での相談は予約制だと思います。 ...... ●生活保護 お子様は何名ですか? 質問者様の投稿文は説明不足なので、様子がわかりにくいです。 お子様が2名だと仮定して、 妻とお子様2名で、→3人世帯なら、生活保護での最低生活費は二十数万くらいです。 なお生活保護での最低生活費は、お住まいの地域の物価水準で微妙に異なります。 最低生活費から収入(養育費の月額など)を差し引いた額が保護費です。 ............ 最大の注意点としては、もしも生活保護を活用したいなら、いきなり、役所に相談に行かないほうがよいのです。 なぜなら、多くの場合、市役所・町村役場の生活保護の窓口は不親切な傾向です。 生活保護申請の窓口で職員が『へ理屈』を並べて、生活困窮者に不快な体験をさせて、窓口に再来させないようにしている場合もあるのです。 失礼な言い方かもしれませんが、多くの場合、生活保護を申請しようとする人々は法律も知らず、知恵も働かず、立ち回りも悪いことが多くて、役所の不親切な態度に負けてしまって、正式な生活保護申請をあきらめてしまうことになるのです。 ですから、お勧めの方法は、下記のような支援団体などでサポートを受けてから、その後、正式に生活保護申請することです。 生活保護問題対策全国会議 -生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ(相談先リスト) http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/blog-entry-154.html 全国生活と健康を守る会連合会(全生連) http://www.zenseiren.net/ ......... 生活保護などは詳しく説明すれば,きりがないので疑問があれば再度ご質問していただくか、上記の支援団体などで聞いてみたらよいと思います。 質問者様から返信・補足があっても私としては追加回答はしないと思いますから、疑問があれば新規の投稿文で再度ご質問ください. 私としては知恵コインは不要ですから、新規の投稿文で。

0

調停をされたのですかね? 調停証書があるということですよね? そこに書かれている金額だけでよいのでは? ところで、生活保護受けながら 慰謝料の申告されないつもりじゃないのですか? 絶対やめた方がいいですよ。 ケースワーカーが調べれる範囲が広がっているので 調停の証書まで調べてきます。 忘れた頃に叩きつけてきますよ。 下手すら告訴です。 徴収金になりますから自己破産も出来ませんよ。 最近の保護科舐めない方がいいですよ。刑事紛いのことを平気でやって来ますので 良からぬことは考えないよう、奥さまにもお伝えください。

0

離婚後の生活費を支払う義務はなくても、依頼されて了承したのなら今まで支払ったお金は「慰謝料の先払い」ではありません。 今後は生活費の援助を断り、慰謝料の先払いとしてなら支払うと元妻と交渉するしかありません。 当然、何某かの書面での証拠が必須です。 証書で10月からとしている慰謝料の支払いを9月から支払うのは構いません。 しかし、手渡しごにょごにょの場合、後から「あれは慰謝料ではなく、生活費の援助だ」と主張されたり、「受けっていない」と言われない様に対策は取った方が宜しいかと。 不正受給の片棒を担ぐのは感心しませんね。

0

>そこで、生活保護が支給されるまで生活費として20万払ってほしいといわれ、15万は支払っています。 貴方様が納得して生活費として支払われているので、慰謝料とは別ですね。 生活費は子供さんの生活費でもありますよね?生活費がないと元奥さんだけではなく子供さんも困ります。 離婚後(とくに子供さんを引き取らない方)はお金を渡すのが惜しくなるようですが、子供さんの為だと思ってください。 それと、10月から分割の慰謝料は手渡しだからごにょにょとは? 元奥さんが生活保護を受けられたら、毎月の慰謝料は必ず収入申告する様に言ってくださいね。不正受給となり、子供さんの生活も危うくなりますから。