ここから本文です

大腸ポリープ手術を日帰りでしました。 検査30,病理1630,処置67,手術5225、入院料...

wao********さん

2018/8/1811:45:30

大腸ポリープ手術を日帰りでしました。
検査30,病理1630,処置67,手術5225、入院料等に2856の保険点数があり、
診療明細書に短期滞在手術等基本料1の記載がありました。
保険会社への診断書には手術日、記載のみで入院欄

は斜線。
病院医事課いわく、「外来手術」だと。

①外来手術で手術料と短期滞在手術等基本料1は両方取れるのでしょうか?
②厚労省のDPF 短期滞在手術等基本料1
注1 (同一の日に入院及び退院した場合に限る)とありますが、
短期滞在手術等基本料1をとるならば、
診断書の入院欄に同一日の入退院記載は可能ではないでしょうか?

厚生局では、「日帰り手術」という文言はあっても「日帰り入院」という文言は
病院や保険会社での文言だとか。
(財)日本医療機能評価機構のサイトにも、「日帰り手術、とは、患者が同一の日に入院、手術、退院することである」と記載あります。

健康保険組合にも問い合わせましたが、病院は取れるものは取る、という話でした。

①②に対して、どなたか納得いく回答をよろしくお願い致します。

閲覧数:
523
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/8/2410:34:16

①について
両方とれます。
両方とらないといけません。
「短期滞在手術等基本料」は、あくまでも「手術のための基本料」の意味です。

②保険会社への診断書に、入院とはできません。
貴殿のケースでは、「入院基本料」が計上されていないからです。

保険会社では、通常、「入院基本料」を支払っていると、「日帰り入院」と判断します。
支払っていなければ「単なる日帰り外来手術」と扱うことが多いです。
「多い」とは、保険会社によって、見解が異なるためです。

「入院料の2856点」は、短期滞在手術料等基本料の単独の点数です。
そのため、入院基本料が計上されていないと推測できます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる