ここから本文です

香典返しの挨拶状について 〇〇日に忌明法要を無事に執り行いました等の挨拶状...

アバター

ID非公開さん

2018/8/1823:56:51

香典返しの挨拶状について

〇〇日に忌明法要を無事に執り行いました等の挨拶状の〇〇日の部分なのですが、
四十九日法要を早めに行った場合はその行った日付を記載するのか
或いは、本来の

忌明け(四十九日)の日付にすべきか
どちらが正しいのでしょうか。

閲覧数:
136
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bin********さん

2018/8/1909:52:02

法要の日を入れる場合と「本日 満中陰法要を…」として文の最後に「平成三十年〇〇月」とあえて「日」を入れない書き方もあります。
法要の後日に香典返しを貰った方は特に正確な法要の日付を知る必要がないので後者でも良いかもしれません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/20 15:12:31

アドバイスを頂いた様に日を入れずに作成しました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

swe********さん

編集あり2018/8/1911:54:19

日付けまでは書かない。

お蔭をもちまして この程 (戒名)
満中陰の法要を滞りなく相営み ここに永年にわたり故人に賜りましたご厚誼に対しまして衷心より深謝申し上げます。

平成三十年◯月

プロフィール画像

カテゴリマスター

kai********さん

2018/8/1908:57:08

ご苦労様でした。
日付は法要を行なった日付にするのが正しいです。
合掌
寺の住職より。

jun********さん

編集あり2018/8/1905:49:38

実際に法要を行った日付を記載下さい。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる