ここから本文です

試験の偏差値は、母集団の平均点Yと標準偏差Sによって、偏差値=50+10×(X−Y)/Sと...

men********さん

2018/8/2702:00:03

試験の偏差値は、母集団の平均点Yと標準偏差Sによって、偏差値=50+10×(X−Y)/Sと計算される。ここに、Xは受験者の得点を表す。母集団は正規分布に従っていると仮定して、以下の問いに答えなさ

い。
1、点数が平均点と同じだった。この時の偏差値を求めよ。
2、偏差値65は上位何%だと考えられるか。
3、偏差値が65以上70以下の受験者数が占める割合が求める。
4、受験者からランダムに100人選んだ場合、偏差値50以上60以下の人は何人いると考えられるか。


この問題を解いてほしいです。

偏差値,母集団,受験者,平均点,標準偏差,偏差値50,偏差値65以上

閲覧数:
109
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tos********さん

2018/8/2920:31:28

1.得点が平均値 ⇒ 偏差値50
2.偏差値65以上 ⇒ 上位 6.68%以上 (1.5σ:0.66807)
3.偏差値65以上~70以下 ⇒ 4.406% (2σ:0.02275)
4.100人中 偏差値50以上~60以下の人数 ⇒ 34.1人 (1σ:0.158655)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる