ここから本文です

ソニーのブルーレイの録画モードでXRの方がDRより綺麗なんですか?録画容量がDRだ...

アバター

ID非公開さん

2018/8/2309:27:17

ソニーのブルーレイの録画モードでXRの方がDRより綺麗なんですか?録画容量がDRだと6GBなのがXRだと12GBと倍くらいになるのですが。CSの映画を録画しようと思っていてどちらにしようか迷ってます。

閲覧数:
701
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

itr********さん

2018/8/2309:37:57

DRモードは放送画像をそのまま録画するモードです。
放送画像より画質が向上することはありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2018/8/2312:29:59

DRの方が綺麗です・・・というより「そのまま」です。倍だから綺麗なのでは無く「いらん事してでかくなってる」だけです。

fur********さん

2018/8/2311:32:01

DRの絶対優位を信じる方々へ
DRは放送画質(MPEG-2 TS)ですがデジタルデータの圧縮符号はDVDと同じMPEG2です。放送受信するディスプレイが大型化・高精細化している現在では、優秀なH.264エンコーダーによる付加価値の高い(高画質化のためのオプションの種類と数がMPEG2より多い)H.264符号の活用が注目されています。

パナソニックのブルーレイレコーダー(ディーガ)のDRモード録画の再生画質がパナソニックビエラ(液晶テレビ)で荒くなっているという質問に対する私の回答
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141949240...


もしも、質問者さんの所有ソニーレコーダーが2010年秋~2011年冬の間に発売されたモデルであれば、ソニー歴代上位のH.264エンコーダーのグレードと高画質回路CREASのグレードを誇っています。

参考資料 ソニーが放つ至高のBDレコ「BDZ-AX2700T」をチェック(ASCII.jpデジタルのAVライター記事)
http://ascii.jp/elem/000/000/643/643935/index-2.html
この2ページ目にソニーのH.264エンコーダー(インテリジェントエンコーダー3)の特性と使用する録画モード(長時間AVCモード)について説明が書いてあります。

********
濱田:「画質にこだわる人は、長時間モードは画質劣化があるから嫌だと言う人もいますが、比較的レートの高いXR(平均16.3Mbps 1.4倍相当)やXSR(平均11.1Mbps 2倍相当)では、ノイズ低減効果などにより、放送そのままのDR録画よりも質感豊かな再現ができることを目指しています。ぜひともエンコーダーの進化を確かめてほしいですね」

MPEG-2の17Mbpsでエンコードされている地デジ放送は、放送そのままでもノイズが目立つことが少なくないが、MPEG-4 AVCは同程度の画質ならMPEG-2に比べて約半分の情報量に圧縮できるほど効率がいいので、十分なビットレートがあるXRモードやXSRモードでは、地デジ特有のノイズが低減されることもあり、すっきりと鮮明な画質になっていると感じる。
********

ソニーのブルーレイレコーダーのXSRモード(AVC 約12Mbps)はXRに次ぐ高画質だから、録画ファイルのデータ容量を節約しつつ綺麗なH.264符号で記録したいならXSRを使用すればいいです。

自動高画質化ソリューション(NEC)
https://jpn.nec.com/media/pict/seishiga.html
このNECのサイトで紹介している「シーン解析機能」「顔検出機能」はソニーレコーダーのインテリジェントエンコーダー3にも採用されている機能です。

zx_********さん

2018/8/2309:51:23

DRよりXRがキレイになるって事は有りません。

DRは放送波そのままを記録するモードですが、放送波はリアルタイムでデータ量が増減するので、それに合わせて効率良く録画を行います(同じ時間でも番組によってデータ量が変わる事が普通です)。

XRを始めとするAVC長時間記録は、元の放送波のデータに対して、データ量を合わせて録画せず、一定のデータ量でずっと記録し続けます。
つまりXRは16Mbpsで記録し続けるモードですが、放送波が20Mbpsだろうが10Mbpsだろうが、16Mbpsで記録し続けるので、20Mbpsの時はやや劣化しますが、10Mbpsの時は過剰、ムダであると云え、ある意味効率が悪いと云えます。

またCSは、一般的に地デジやBSに比べ、データ量は少ないと云われていますので、XRなら余裕を持って記録できそうな感じですが、個人的にはDRの方が良いと思います。

kob********さん

2018/8/2309:41:29

DRはダイレクトレコーディングの略で無劣化録画で画質が一番いい画質モードです。
放送画質での録画で、SD放送はSD画質での録画でハイビジョン画質で録画するわけではありません。
その他の録画モードは圧縮録画モードで、DR以外だとXRが最高画質となる。

DRでは字幕や副音声もそのまま記録出来、再生時に切り替えることが可能になる。
どの録画モードで録画するかは考え方次第だと思います。

容量が倍ほど違うとなると録画時間が違うか、衛星放送のハイビジョン放送での録画が原因では?
DR録画する場合、地デジは17Mbps・BS/CSが24Mbpsと転送レートが異なり録画時間の違いとなり容量が違ってきます。
XRモードは16Mbpsとなる

aba********さん

2018/8/2309:39:47

DRは元のデータサイズそのままで記録します。ただし、データサイズは放送局によって異なり、例えば地デジのチャンネルとBSのチャンネルではBSの方が大きく、1.5倍くらい違う場合があります。
CSのチャンネルは一般的に大変にデータサイズが小さく、地デジもしくはそれ以下となる場合もあります。

これに対してXRなどの長時間モードはデータサイズは一定となります。地デジだろうがBSだろうがCSだろうが、元の映像に関係なく録画したデータサイズは同じになります。
そのため、元々のサイズが小さな映像だと長時間モードにすると逆にデータ量が増えてしまう場合もあります。しかし、長時間モードは元画像のデータを変換しますので、元の画像より画質が良くなると言うことはありません。
つまり、CSのようなデータサイズの小さな映像を長時間モードで録画すると、画質が低下してデータサイズも増えてしまうと言う、全くメリットのない状態になってしまいます。
画質に関してはどんな場合でもDRがベストです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる