ここから本文です

米中貿易摩擦、どちらが勝って、どちらがギブアップ?

アバター

ID非公開さん

2018/8/2312:16:05

米中貿易摩擦、どちらが勝って、どちらがギブアップ?

閲覧数:
88
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gat********さん

2018/8/2413:13:10

米国が有利でしょう。
自由貿易に対抗するという一見すると間違ったことをしているのに、有利とは不思議ですね。
中国も正すべきところがいくつもあるのかもしれません。

※参考
畜産廃止のまとめ(暫定版)
https://blogs.yahoo.co.jp/gateawyiohaw/66885182.html

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/29 19:15:35

皆様、コメントありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kazumiさん

2018/8/2314:47:10

もちろん中国が屈服せざるを得ないと思います。

たとえ中国が世界第二位の経済大国に成長したとはいえ、中国を「市場経済国」と認定する国は、チャイナマネーに操られているカンボジアとアフリカの小国など、ごく一部の国だけです。

一時中国元は、IMFのSDRにおいて米ドル、ユーロに次ぐ重要通貨としてみなされた時期もありましたが、その後は国際的な信頼性、利便性を失い低下の一途を辿っています。

決済通貨としての地位は、カナダドルに次ぐ6位まで低下しました。

中国がどんなに力んだところで、現在の基軸通貨は米ドルです。「打出の小槌」で、仮に米国の金庫にお金がなくなればドルをたくさん刷ればいいわけです。実際に米国はリーマンショック後ドル紙幣を大量に発行しましたが、ドルは暴落しませんでした。

もし、他の国が真似すれば「紙屑同然」となります。もちろん中国元も同様です。米ドルはほぼ無限にお金(価値)を生み出すことができます。

これが基軸通貨の強みであり、最大のメリットです。

中国の暴走(南シナ海問題など)で、「中国は国際ビジネスルールはおろか、国際法も遵守しない国」と国際社会から烙印を押されており現在は、天安門事件直後の地位にあると思います。

端的に言えば、Googleと微博、AppleとHuawei、世界はどちらを信頼するかということです。

そんな中国に通商問題で米国に対して勝ち目などないですね!

国家債務4000兆円とも5000兆円とも言われている現在の共産党体制がいつまで続くことやら??

tet********さん

2018/8/2313:33:43

その結果には至らないで幕引きでしょう。
中国は政治的に脆弱ですので、もしこのままいけば共産党自ら崩壊の道に入ります。
その前に妥協策を米国に提示するはずです。

jun********さん

2018/8/2312:49:32

トランプの勝利です

sya********さん

2018/8/2312:23:35

何故米国が負けるのですか。
幾ら中国が経済大国だと自負しても米国とは喧嘩は出来ませんよ。
中国は大変な事になっていますよ。
中国は食料を抑えられてしまっては成立しなくなってしまいますよ。
今でも豚肉が米国から入らなくなってしまいアフリカから豚肉を輸入してペスト菌が中国全土に拡大して大変な事になってしまっていますよ。
中国共産党は米国とは喧嘩は出来ませんよ。
やはり共産党は人材が不足していますよ。
米国の意見を全て呑む事が唯一の選択肢だってと思いますよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる