ここから本文です

映画「残穢」を見て思ったことがあります。 法務局が、ミステリー研究会の学生た...

t12********さん

2018/8/2609:03:42

映画「残穢」を見て思ったことがあります。
法務局が、ミステリー研究会の学生たちに昔の住宅地図を見せたり、佐々木蔵之介さん演じる人が内務省からの「精神病者私宅監禁」の資料を入手する場

面があります。
単なる好奇心からなのに、プライバシーの保護下で、こんなに簡単に提供されるものなんでしょうか?
映画だからでしょうが、実際はどうなんですか?

閲覧数:
1,182
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

goodman4177さん

2018/8/2609:47:53

申請の仕方によって、資料請求が出来るはずです。

別な話になってしまいますが
例えば、自動車のナンバーだけで
車検証のコピーを入手出来ますよ。
もちろん、ちゃんとした理由が必要になり
何でもかんでも貰えるわけではありませんが。
「単なる好奇心です」というのは通用しないでしょうね(笑)

詳細に関しては、よく分からないのでごめんなさい。

質問した人からのコメント

2018/8/27 13:51:45

分かりました。どうも有り難うございます!

「残穢」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる