ここから本文です

ダイワのロッドはシマノと比べて折れやすいとショップの店員から聞きましたが本当...

etc********さん

2008/9/2916:57:55

ダイワのロッドはシマノと比べて折れやすいとショップの店員から聞きましたが本当ですか? ダイワはロッドのコーティングが薄いから軽くて折れやすいと聞かされました。それはシマノを売りたいから?どうなんでしょうか?

閲覧数:
12,845
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asa********さん

2008/9/2920:15:03

この話は少し意味が違ってきますね。
ダイワがSVFとして使っているプリプレグが高弾性、高強度、低レジンの最高級プリプレグを使っている。
SVF素材は薄くでき、軽く出来、釣り以外の外的負荷で折れやすいと言うのが正解だと思います。
コーティングが薄いと言うのは塗装やレジンのあふれた分が少ないって事でしょうね。

確かに、ダイワはシマノより折れると言う話をネットでも見かけます。
そのとおり、ロッドスペックでの重量はダイワの方が軽い物が多くて軽さがウリだと言う印象も確かにありますね。

軽さを取るか、丈夫さを取るか?は個人の好きな方でいいじゃないですか。
ショップの店員の好き嫌いはあまり気にしなくていいですよ。

質問した人からのコメント

2008/9/30 23:42:10

降参 軽くて丈夫なロッドはどれですか?
悩み、迷います。皆様、回答いただきありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hon********さん

2008/9/3001:17:11

渓流竿、本流竿以外は良く知りませんが、確かに折れやすいです。
魚が掛かった負荷で折れることはそう無いようですが、振り込み等により急激な力が加わった時に真っ二つに折れるのを何度となく目撃しました。
私の知人は琥珀、遡、遡と3本続けて振り込みで折り、今はシマノの本流竿に変えましたが一度も折れていません。
同じスペックなら軽くて扱い安いのがダイワ、強いのがシマノという感じですね。
得手不得手というよりは目指す方向性の違いではないでしょうか。

hun********さん

2008/9/2923:45:12

ルアーで言うならダイワはバスを釣るロッドを作ろうとしているのとシマノは世界の魚を釣る(アマゾンとか)違いだと思います。でも、ティップに極端に負荷をかけなければバスを釣るのには何の障害もありません。ダイワが折れやすいとしたら名前だけで値段も高い折れやすいロッド沢山ありますよ。

mon********さん

2008/9/2922:21:53

昔からそんな感じは漠然とですがありますね。
アモルファス・ウィスカーの頃は結構顕著でした。
私は川用の竿しか買いませんが、大体ダイワの方が張りがあるんですよね、よって魚を掛けてのやりとり以外の衝撃で折れやすい感があります。
重さに関してはあまり関係ないと言うか、例えばルアー用ならブランクよりもグリップの重さの違いの方が大きいですからね。

fac********さん

編集あり2008/9/2919:52:29

そう思います

シマノの在庫が多く残っていたのだと思いますよ
決算時期ですし、在庫処分しないと儲けが出ないので
早く売り捌きたかったのでしょう。

もしくはシマノの営業員、シマノフリークの店員だったのだと思います
また、店員さん自身が仕入れて売れ残った商品なのだと思います

その店にはダイワも取り扱っていると思われますが
にも関わらず
聞いてもいない竿の比較をしてくる自体怪しいと思います

シマノ、ダイワ、がまかつなどメーカーの竿を使っていますが
コーティングの差で折れやすいというようなことはありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる