ここから本文です

神道の国教化反対運動を展開すると同時に、仏教に西洋の自由信仰論を取り入れた人...

sec********さん

2008/9/3001:13:14

神道の国教化反対運動を展開すると同時に、仏教に西洋の自由信仰論を取り入れた人物とは誰ですか?

閲覧数:
766
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/9/3019:26:07

島地黙雷 ですね。

>浄土真宗の僧侶、島地黙雷(じまじもくらい)は、神道国教化政策に反対し、
>懸命に信仰の自由を主張し、仏教の独立に大きく寄与した。
http://buddhism-orc.ryukoku.ac.jp/ja/exhibition_ja/20030619-2003080...


>西本願寺からの依頼によって岩倉使節団の一員となり、ヨーロッパ方面への
>視察旅行を行なった。エルサレムではキリストの生誕地を訪ね、帰り道の
>インドでは釈尊の仏跡を礼拝した。その旅行記として『航西日策』が
>残されている。「三条教則批判」の中で、政教分離、信教の自由を主張、
>神道の下にあった仏教の再生、大教院からの分離を図った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E5%9C%B0%E9%BB%99%E9%9B%B7

質問した人からのコメント

2008/10/4 01:12:16

降参 ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる