ID非公開

2018/8/30 4:48

88回答

キャンプ場とかで薪を割る時、薪割り台が無くていつも困ります。

キャンプ、バーベキュー8,190閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3
画像

3人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

質問に対する答えにはならない事を承知で言いますが、キャンプ場で薪割りをすべきではありません。 振り回す斧が危険ですし、割った薪が飛び散る事もあります。 近くで子供を遊ばせる他人の身にもなりなさい。 目を覚まして下さい。 あなたにとっては娯楽でも周りにとっては、迷惑危険行為なのです。

ID非公開

質問者

2018/9/2 17:02

都会の区画割りされた狭いキャンプ場を利用される文化人の方だと思いますが、私のようなドの付く田舎の人間の行くようなキャンプ場(?)では半径50m以内に別のテントが立つことがまずありません。オートキャンプ場と言われるようなところです。

1

他の薪を1〜2本敷いて台にしています。 鉈は振り下ろしたりしないのでこれで困った事ありません。 敷いた薪を地面にめり込ませるようにすればあまりグラつきませんし。

1人がナイス!しています

1

最後まで振り下ろす感じであれば そうなりますが 鉈などの場合 太さにもよりますが 刺さった状態でひねれば 割れる木もあります。 また キャンプに行った際に 流木とか手ごろな太さの原木でもあれば のこで輪切りし台を作ってもいいでしょうし。

1人がナイス!しています

0

キャンプ場では振り下ろすような薪割りはしないです。 現地販売品でも小割りにする程度です。 なので地面まで到達しない方法(いろいろ)で割る。 これができれば御立派です。 スギやヒノキなら台なしでも問題なし。 そもそも小割りやフェザーが無くても着火しますしね。 太い広葉樹の薪を販売しているキャンプ場は、仕入れ先がピザ窯や薪スト用サイズで割るものを仕入れているか、手前作業なら手間が掛からない仕上げなのでしょう。 予約の際に樹種やサイズを聞けばそれなりに対処できると思います。 キャンプ場での割り台 これの設置や貸し出しを考えたら怖くて仕方がありません。 鉈の貸し出しもしないです。