ID非公開

2018/8/30 6:33

33回答

養育費についての質問です。

養育費についての質問です。 私、40歳、5年前に離婚後月額5万円の養育費を払ってます。 子供 16歳高1 息子 14歳中2 娘がいます。 子供との連絡は自由に取ってます。 3年前に私が再婚後、最近新築を購入しなんとか生活しております。 収入も若干減り生活が苦しくなった為、前妻に養育費の減額を要請しようと思います。 前妻も生活が苦しいと言いダブルワークをしているのを当人から聞いてますが、Instagramでのゴルフ⛳️三昧の写真が常時アップされてます。 8月は4回行った事が出ています。(本人が払ってるかはわかりませんが) 私も新家族との生活もありますが前妻との子供を成人まで育てないといけないという責任もあります。 しかしあまりにも目に余る行動が出ていて、私の養育費の金額ぐらいのゴルフをしている事に到底納得はできません。 今回、減額の交渉をしたいと思いますがいい知恵を貸してください。 子供と会い直接お小遣いをあげるなど前妻にお金がいかないようにしたいです。

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

子ども2人に対して月五万の養育費では少ないでしょう? 更に減額しようだなんて、お子さんに対しての愛情とか責任感はないのでしょうか? 元奥様のゴルフだって、付き合いで仕方ないのかもしれないし、費用を奥様が自腹で出しているのかもわからないですよね? それに、奥様が自分のために使うお金と、質問者様が払う養育費は別でしょう。 元奥様にお金がいくのがイヤなら、例えばお子さんの学校の諸経費等を質問者様の口座から引き落としになるようにするとか、これから必要になるであろうお子さんの制服や学用品を面会時に全て質問者様が購入するとか、それ相応の確約がないと元奥様は納得しないでしょう。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

話し合いで合意できればいいですが、決まらないときは家裁で調停を申し立てます。調停で養育費を決めるときは養育費算定表が目安となり、お互いの収入から決まります。今の金額が相場の額なら、元奥さんの生活ぶりに関係なく減額は難しいかもしれません。もともと算定以上の額を支払っているなら減額の可能性もあります。ただ、減額のしわ寄せが子供にいってしまうと可哀想です。子供に手渡しの案も交渉の余地があります。

0

弁護士に依頼、家裁調停などの手段があります。貴殿の申し出についてはよくあるパターンですね。 貴殿が言う子供に直接手渡すというのは良いアイディアだと思います。 年頃の子供たちですので離婚しても責任を持って養育していることを解って貰えるのではないでしょうか。 お金は使いようによっては良くも悪くもなります。 お金を餌にという表現は適当ではないかもしれませんが、将来において子供と良い関係を築くにはお金を直接手渡すことが貴殿にとってメリットはあると思います。 また前妻が養育費が少ない事に不満を持つのであれば前妻が調停に申し出ればいいことです。