ここから本文です

所謂 お礼参り について 8月中に 昔の戦争映画を見た。そこで 軍隊内の内務班で ...

アバター

ID非公開さん

2018/9/309:28:26

所謂 お礼参り について
8月中に 昔の戦争映画を見た。そこで 軍隊内の内務班で どれほど厳しい制裁がおこなわれているのがわかりました。

ところで いわゆる 現役兵以外の 補充された新兵の中には それなりに社会的立場のある人や 反社会的勢力の方もいたと思います、また 現役の新兵のなかにも 格闘技で鳴らした方もいたと思います。
そのような人たちが さすがに 兵役中にはやらないと思いますが 除隊のち 制裁した相手も
除隊した場合 それわ見つけて やり返す という 事件や現象はなかったのでしょうか?

補足説明不足なので 補足。 終戦前の社会においてです。日中戦争なんかは ずっと つづいていたわけだし。除隊した人たちもかなりいたと思います。

閲覧数:
40
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nzq********さん

2018/9/309:52:03

終戦後は生きるだけでも精一杯、腹の足しにならぬ事は論外でしょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2018/9/315:03:18

兵隊に採られての三ヶ月 半年の基礎教育の頃は
徹底的にシゴかれますが やがては そうした人も
次の初年兵や補充兵が入ると シゴく立場に転じますからね。

軍隊とはそうした物だという社会風潮もあります。
但し シゴいた先輩が満期除隊になる頃に
「色々と鍛えたが あれはお前の為を思ってやったんだ
悪く思うな・・・」なんて優しい言葉を掛ける例もありました。

それに 戦時になり 戦地に出征し 弾の下を潜ると
途端に私的制裁が減ると云われてます。
戦場で連帯感が生まれる事と 後ろから撃たれるからですがね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2018/9/313:22:16

戦前は官憲の目がうるさいし、憲兵も市民ににらみを利かせていたからさほどお礼参りはなかったでしょう。
あったとすれば、ヤクザの幹部が兵役で受けた恨みを晴らすぐらいですね。
第一、そんなに頻発していれば隊内での理不尽な制裁も少しは減っていたとかと。

戦後の混乱期になるとよくあったようです。警察はあってないようなもんだし、憲兵もいない。
お礼参りの話はいろんなところで見mにします。松本清張の作品にもなかったかな。
終戦になったら、それまでさんざん部下いじめをしていた男が卑怯にもさっさと姿をくらましたそうです。報復が怖かったのでしょうね。

yta********さん

2018/9/312:55:03

まあ、除隊後「お礼参り」をしたら犯罪ですからね。
でも、やるべきだとは思いますが、当時の人は前科者になりたくなかったのでしょう。
中国軍は、意外にいじめが少ないそうですよ。
それは中国人は必ず復讐するからだそうです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる