ここから本文です

宅建の試験に出てくる貸借の媒介と代理の違いがよくわかりません。媒介することは...

アバター

ID非公開さん

2018/9/715:26:05

宅建の試験に出てくる貸借の媒介と代理の違いがよくわかりません。媒介することは、代理でないですか。何方か教えて頂けませんか。

閲覧数:
121
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dia********さん

2018/9/717:19:25

AとBが売買契約する場合。

CはAの代理:

Cは、Aから代理権を与えられ、以降Aとして行動する。

具体的な契約処理(ハンコを押すとか)はBC間で行われる。

CはABを媒介:

CはABの契約のお膳立てをする。(売りたいAに買いたいBを紹介する等)

具体的な契約処理(ハンコを押すとか)はAB間で行われる。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

アバター

ID非公開さん

2018/9/801:12:02

実際にご自分が家を借りられたときのことを思い出されると良いかと思います。
あなたは不動産屋に代理権は与えておらず,何も法律行為を代理されていないはずです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる