ここから本文です

(問)エンジンオイルの状態を自分で確認していない車は「適切な日常点検が行われて...

アバター

ID非公開さん

2018/9/906:20:08

(問)エンジンオイルの状態を自分で確認していない車は「適切な日常点検が行われていない車」でしょうか

・一昨日(9月7日)、本田技研工業株式会社から 「ご愛用車についての大切なお知らせ」が郵送されてきました。その文中に「ご愛用車と同型車におきまして,適切な日常点検が行われないままご使用され、エンジンオイルが減っていることに気付かず、エンジンの故障となった事例が報告されております。(以下、略)」との記述がありました。
・その前の週末に以下のトラブルに会い、ホンダの販売会社に親切に対応していただいたので、ほっとしていましたが、上記の説明文章は20年来ステップワゴンを愛用していた自分としてははなはだ納得の出来ないものですので、お尋ねします。
(経過)我が家のステップワゴン(平成22年5月購入)で自宅から2km程の距離の駅に家族を迎えに行った帰りに一瞬、油圧警告灯が点きました。帰宅後しばらくして,買い物に出かける途中でPGM-Fl警告灯が点き、帰宅まで消えることはありませんでした。マニュアルを見て,販社で応急措置(エンジンオイルの添加)をし、本格的な修理について打ち合わせました。
(日常の点検について)新車を購入後、半年に1度の定期点検を欠かしたことはなく、点検パックの「まかせチャオ」にも加入していて、部品の交換は常にホンダの純正品を使用していました。今年の5月末に定期点検(走行距離104千キロ)を済ませています。おかしくなった時点で走行距離109千キロでした。エンジンオイルのチェックは新車で購入以来自分ではほとんどしていませんが、販売会社で整備はしっかりしていただいていたつもりです。会社の方も信頼出来る方々です。
(蛇足)送られてきた文章からは、顧客の安全に配慮した注意喚起(すべての車でエンジンオイルをチェックしてほしい)でなく、責任逃れ?(故障の原因は車の所有者の怠慢)の姿勢しか感じられません。

補足忌憚のないご意見を頂き有り難うございます。ご指摘いただいた日頃の確認不足については、反論の余地はありません。私は、初期高齢ドライバーです。幼い時に、父母が運転する前にオイルやラジェーターの水を確認して、暖機運転を10分以上しながら羽毛叩きで車の掃除をしていました。私の体には駐車場の油のシミの有無を確認する癖だけは残っています。初めて自分で買った中古車のオイルは、頻繁に見ながら、長く交換せずにいて会社の運転手さんに「オイルがしゃぶしゃぶになってるよ」と笑われたことも思い出です。子供が小さな時の遠距離ドライブ前には必ず点検を依頼し、自分でも時々見た時の濁りは実感していましたが、量が如実に減ることは体験していません(点検後3カ月で警告が出るまで減少することは想定外)。
サービス面の向上もあり、いつしか日々の車の点検はタイヤの状況確認(パンクの有無の確認、時々の空気圧、スリップサインのチェック)と駐車場所のオイルの汚れぐらいしかしていませんでした。ご指摘の点は、心に刻んでおきます。有り難うございました。初投稿ですので、ベストアンサーの決め方が分かりません。ご教示頂ければ幸甚です。

閲覧数:
144
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nob********さん

2018/9/907:54:19

ここのカテの人(特に回答者)は、
車が好きな人がほとんどでしょうから、
日常点検は頻繁にしていると思います。
さらに、法的にも義務付けられているものなので、
かなり厳しい意見が多いと予想されます(^^;

実際は、貴方のようなユーザーも多いでしょうね。
ですが、法的にとなった場合には、
日常点検をまったくしていないとなると、
権利を主張するのは難しくなるでしょう。
本田からの葉書は法的にとなった場合に、
ユーザーの日常管理が悪いんだよということを
知らせる意味も持ち合わせているのでしょう。
3か月4000キロ、ノーチェックだとすると、
所有者の怠慢と言われても、仕方でしょうね。

そもそも、国交省が「適切な時期に」なんて、
あいまいなことを言うのがトラブルの元ですがね><

アバター

質問した人からのコメント

2018/9/12 06:08:52

色々ご指摘いただき有り難うございました。ためになるご意見が多くあり、勉強になりました。投稿のきっかけは、エンジンオイルが警告が出るほど減少したことに驚き、たまたまホンダからのダイレクトメールで、自分としては「まかせちゃお」で日常の点検をまかせた気持ちになっていたことです。いろいろな方のご指摘はその通りで、反省しています。ただ、会社からの「日頃の・・」は、納得出来ずにいます。有り難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

5月末104000キロ→今9月初旬109000キロ
3ヶ月ちょっとで5000キロ走ったんですか?定期点検で必ずオイル交換もしてたんですよね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ポッキーさん

2018/9/907:27:07

道路運送車両法の47条に規定があります。

その中に、適切な時期に点検しなさい。というのがあります。
業務使用の車は、1日1回が義務ですが、自家用車はそうではありません。
望ましいとは思いますけどね。

使い方によるから、その時期は指定しないけど、点検は使用者の義務ですよ。と、書かれています。

オイルが漏れたわけではなく、消費で壊れるぐらいだと、1年以上放置じゃないかな。

自分で出来なければ、他人にやらせても構いません。
あなた程度にやっていれば、特に問題は無いと思います。

ただ、5年または10万キロを超えた車は、メーカーとしては、保証対象外です。

i11********さん

2018/9/907:24:39

その言い分だと
警告灯の点かない不具合は最大6か月間放置ですね。
たまにはエンジンルーム内くらい見ましょうよ。
興味の無かったところを見るだけでも新発見が有るかも?です。

豊田蜂六さん

2018/9/907:15:48

オイルって減る物ですよ。

特に長年乗ったり走行距離が増えれば尚更。

今は車も品質が上がって、それらのことも考えないドライバーさんが増えてますが、オイルの量を自分で点検するなんて当たり前のことです。

以前は「運行前点検」と言って、乗る前には必ず点検してから。

つまり毎日乗るなら毎日点検がドライバーの義務でした。

それが「日常点検」になり、適切な時期に自分で点検して、不具合は修理工場で修理することに変わりました。

http://www.nunomiya.com/ohanashi/nitiziyou_tenken/new_page_1.htm

オイルの量の点検はドライバーの義務です。

「適切な日常点検が行われていない車」ですね。

車は家電ではありません。

今は壊れなくなったと言っても、エンジンは常に過酷な燃料の爆発に耐え、高温になり、それを潤滑、冷却しながら動き続けています。

オイルが減る傾向が強く出た車は、今後も減る傾向は無くなりません。

尚更定期的に自分で点検しなければ何度も同じことになります。

御自分でやるのが嫌なら、給油の際にスタンドで見て貰うとか、いつも整備を頼んでる店に定期的に(法定点検ではなくもっと細かいスパンで)見て貰う等した方が良いでしょう。

オイルの量の管理はドライバーの責任です。

dat********さん

2018/9/907:10:20

始業点検
スタートする前に点検せよと
自動車法で決まっています。
また、構造に熟知してクルマを運転するようにと、
継続検査は、自ら使用者が期日まで実施するようにとも明記されています。

エンジン、調子が出てくるとオイルが燃えるようになります。
それで良いのです。
減ったオイルは足せば良いことです。

業者任せでは無く、
オイル量くらい自分で何とかセ!と言いたいです。
1Lオイル缶積むスペースありますので
今後は、足しながら乗ることです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる