ここから本文です

エアコン専用コンセント増設工事の工事代について 木造二階建て住宅、1階に分電...

egg********さん

2018/9/1415:52:05

エアコン専用コンセント増設工事の工事代について

木造二階建て住宅、1階に分電盤があり、2階にエアコン専用コンセントを増設していただきます。配線は屋外配線で、配線にはカバーを付けます。

30Aの6回路ですが、不足のため分電盤を取り替えます。2社から見積もりを取りました。
どちらも分電盤は3万円くらいです。
総額で7万円のところ(ホームセンターのリホーム部門)工事は2時間所要
総額で12万円のところ(工務店さんのリホーム部門) 工事は半日以上所要、 どちらも担当される電気屋さんが現場を見ています。

この5万円の違いは何でしょうか。片方は屋外配線が長もちしないで、片方は長もちするとか、工事のやり方が違うとか、例えば箱の中に配線を通し、片方はそのまま配線するとか、いろいろ考えられますが、私にはさっぱり解りません。何方かお詳しい方宜しくお願い致します。仕上がりが多少違っても、安全性に問題が無ければお安いほうにしたい気持ちもありますが、長もちしませんとまた工事するようですと、それなりに費用が発生しますし。どのように考えたら良いのでしょうか。

閲覧数:
1,362
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/9/1416:21:30

住設業界の階層構造と収益のメインが何なのか?です。

工事に使用する物品の仕入価格が先ず違うでしょう。ひょっとすると工務店はホームセンターで購入するかもしれません。そういう時代です。

そして、職人発注の方法です。ホームセンターは2時間の請求で工事をするということになると、契約職人に2時間の発注をするでしょう。

ところが、工務店などは時間単位では、仕事をしないのが一般的で半日仕事的な感じだと思います。一人親方の日当(労務費)は5〜10万円(仕事内容による)でしょうから、2.5〜5万は人件(工事)費で請求するでしょう。

とまあ、そういう具合に工事内容は変わらずとも、工務店が高額になってしまうのが現実です。

逆に、後々のトラブルもホームセンターの方が動きが早いと思います。

本件、安かろう悪かろうではないと思います。

  • 質問者

    egg********さん

    2018/9/1419:13:36

    回答ありがとうございます!
    なるほど!
    勉強になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/9/15 18:31:03

勉強になりました。確かに見積もりの書き方も違いました。工務店とホームセンターの工事金額の出し方の違いに気付かせてくださったのでBAに選ばせていただきました。ほかの方も回答有難うございました。大いに参考にさせていただきます。お世話になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/9/1417:01:31

現行の電力契約内容である30A契約のままなのか、
電力契約も変更して容量アップも含めるのかの違いなどがありませんか?

例えば、30Aまでならば単相2線式での給電になっているかと思われます。
ところが40Aを超える契約では単相でも3線式の配線に変更が必要となります。
現在利用中の分電盤を観察してみてください。
メインの主幹ブレーカー(大きなブレーカー)の配線が2本の場合単相2線式です。
※単相2線式の場合には200V機器の利用ができません。

3本の配線がつながっていれば単相3線式で200VのIH機器なども利用可能です。


単相2線式=>単相3線式への変更も含まれると10万円を超えますね。
・電柱から建物外壁までの引き込み線は電力会社が必要であれば交換します。
・建物外壁の受電ポイントから分電盤までの配線が2本ならば3本に交換します。
・分電盤を単相3線式に対応したもので分岐回路数の多いものに交換します。
・アース回路が無ければ新規にアース棒を埋設して分電盤にアース端子を設けます。
・電力会社への変更工事の申請なども代行します。

エアコン専用回路の増設 概算費用で1万5千円~2万円程度
・分電盤にエアコン専用のブレーカーを搭載して専用回路を配線しエアコン専用のコンセントを設置します。
・外壁配線の場合には、PF管という配管材料を使い電線を保護します。
http://denzai-kanzai.com/cd-pf-conduit
※ベージュ色の方です。


7万円の見積もりの方には給電方式などの変更は含まれていないと思われます。
戸建て住宅で2階建ての電力契約としては30Aは少ない方です。
40A以上ならばエアコンと同時に調理家電を複数利用しても電流制限によるブレーカーの遮断は避けられると思いますが、
エアコンと同時に調理家電は1つしか使用しないという固い意志があれば30Aのままでも大丈夫でしょう。

電気ポットや炊飯器、電子レンジ、トースター、ヘアードライヤー、アイロン、
その他これから寒くなるので電気式暖房器具などを同時に使用すると30Aではあっという間に電流制限が働いてしまいます。

せっかく分電盤交換まで行うのに際してそのあたりの変更は全く行わないのかが不思議に思いました。


また提示されている見積書には細目が記載されていると思うのですが・・・?


今一度ご確認ください。

現行の電力契約内容である30A契約のままなのか、...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

BAHAGIAさん

2018/9/1416:22:01

現場が見えないのでなんとも言えませんが7万円くらいが妥当じゃないですか?
分電盤(3万円)+入れ替え工賃(2万円)
専用コンセント(2万円)
電気工事はそれなりの基準が定められているので意識的な手抜きは別として材料とかは大きく違わないです。
職人の差で仕上がりの違いは有りえます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる