ここから本文です

犬の肥満細胞腫(ステージ3)とその治療法について質問させて頂きます。 先...

mhx********さん

2018/9/1502:13:54

犬の肥満細胞腫(ステージ3)とその治療法について質問させて頂きます。


先日 愛犬(ポメラニアン/9歳)の前足にしこりを見つけ病院に連れて行ったところ、“肥満細胞腫”と診断されました

。(細胞診でわかりました。)
すぐに外科手術での腫瘍の切除を勧められたため、1週間前に切除をしました。

そして昨日、切除した腫瘍を病理検査に出した結果“ステージ3”(グレード3)だったと医師から告げられました。

ステージ3は極めて悪性度が高く、今後の治療は
・抗がん剤治療(投薬、または定期的に注射をする方法)、もしくは
・放射線治療をする形になる と聞きました。


私としては投薬で、と考えていたのですが色々調べるうちに、薬にも種類があること、副作用があること等を知り怖くなりました。

それならいっそ治療しないほうがいいのでは?とも思いましたが、“ステージ3”となると治療しないと言う選択肢は、逆に愛犬を苦しめることになるでしょうか?

腫瘍が完全に取りきれていても、再発の可能性が0じゃないことは承知しています。

愛犬につらい思いをさせたくありません。
今と同じ生活をさせてあげたいです。
もし副作用で大好きなご飯を食べなくなるのなら、抗がん剤治療をするかも悩みます。
治療せず、今まで通り生活して再発した時には愛犬はつらい思いをしますか?

どうしてあげるのが良いのか、ずっとずっと悩んでいます。

同じ経験のある方や愛犬が同じく肥満細胞腫の闘病中の方など、なんでも良いです、教えて下さい。

そのことで頭がいっぱいで、支離滅裂な文章で申し訳ありません。どうかお力を貸して下さい。

補足申し訳ございません。
混乱していた為、“ステージ3”と表記してしまいましたが、“グレード3”の間違いです。

閲覧数:
771
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maa********さん

2018/9/1611:10:21

犬の皮膚肥満細胞腫のグレード(悪性度)3は1や2に比較して予後が極端に悪いことがすでに知られています。

あるデータでは、
外科切除後の1500日生存率はグレード1(83%)、2(44%)、3(6%)です。
外科切除後の1年生存率はグレード1(100%)、2(92%)、3(46%)です。

このように、
グレード3のあなたの犬が1年後に生存している確率は46%であり、4年後に生存している確率は限りなく0に近い状態です。

術後の抗がん剤は、これらの生存確率を高めるための提案になります。
また、現在では、肥満細胞腫にターゲットを絞った分子標的療法も実施可能になっています。


これらをよく勘案し、主治医と今後について話し合うと良いでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hap********さん

2018/9/1508:23:35

その気持ちわかります。
副作用で食べられなくなったら…
考えますよね。

するしない、は、やはり飼い主様が決められることです。
その子の事を一番に考えて、出した答えは誰も責められません。
やるべきだ。やらなきゃ死ぬ。
そうかもしれないけど、副作用で体力をもっと奪われたら?
いつなんどき何があるかわからないし…

治療をしない。
それもひとつの選択肢だし、ワンちゃんのことを思って出したならそれでも良いと思います。

私も愛犬をガンで亡くしました。うちの場合は手遅れだったので、満足な治療もしてやれなかったし、肺だったので、嫌いな病院で1ヶ月も入院させてしまいました。


バランスアルファ
調べてみてください。
もし試したいならメーカーで試供品頼めます。
勧誘などありません。たまにダイレクトメールが来るくらいです。
本格的な購入はアマゾンが安いですよ。

sak********さん

編集あり2018/9/1602:45:57

心中お察しします。

うちも肥満細胞腫です。
私も、病気が診断された直後は、愛犬の病気の事しか考えられませんでした。

うちの子は、グレード2でしたが、転移しておりました。外科治療の後、抗がん剤治療(皮下注射)をして今ステロイドを飲んでいます。再発はまだしていません。もし再発した場合は、イマチニブ(投薬タイプの抗がん剤)をするつもりです。イマチニブは、遺伝子検査が必要で、私は外科手術を行った時に、イマチニブが有効か検査してもらっています。

治療をしなければ、数ヶ月の命といわれ、抗がん剤治療しました。副作用もあまりなく、治療はスムーズに行えました。

私なら、治療します。
勿論医師と相談のもと。

私も必死でいろいろ調べました。

抗がん剤は、適量が、とっても大切らしく、費用も結構かかります。信頼できる病院での治療をお勧め致します。

私も治療で愛犬が苦しむのなら、断念したと思います。当時12歳でした。

治療してみて、副作用がでるようなら中断、継続できるようなら、続けてみるでもいいと思います。人間ほど犬は、副作用が出にくいと私は医師にききました。
勿論、副作用がでる子もいます。

少しでも長く、愛犬さんとの安らかな時間が続きますように。

ono********さん

2018/9/1502:25:43

治療をするべき。治療しなければ、犬は死ぬ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる