ここから本文です

原発について質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/9/1506:54:16

原発について質問です。

エネルギー政策について、私は今まで原発反対、放射能怖い、とただ漠然と反対派というスタンスでした。

しかし、

まぁこれは自分の無知や浅はかさを恥ずべきかもしれませんが、「稼働していない原発にも年間莫大なコストがかかるのでなんとか再稼働して利益を生む形にした方が良い、これは民間では出来ないから政府が推進して行くべき。また、停止している原発についても放射能の危険性が回避されるわけではない」

という考え方がある事を知りました。

この辺について3.11の震災の事例も交えてご説明頂ければと思いまして投稿いたしました。

補足皆さま回答ありがとうございます大変勉強になっています、1つ補足させて頂きたいのですが、使用済み核燃料の処分方法というのは現時点で現実的なものは無いのでしょうか?

閲覧数:
148
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kob********さん

2018/9/1622:06:53

使用済み核燃料は、地下に保管して100万年管理するのだそうです。
100年ではなく、100万年ですよ。
100万年など、地殻変動などで管理し続けるのは不可能です。

しかし、その地下保管の具体的な計画すらまだ決まっていない状況です。
使用済み核燃料は、原発施設内などに保管されたままの状況です。
使用済み核燃料は、約60年近くどんどん増え続けています。

使用済み核燃料から再処理されたプルトニウムを、
日本は約50トンも保有しています。
核武装で国際的に問題になっている北朝鮮の
プルトニウムの保有量は約50kgと推定されていますので、
日本は北朝鮮の1000倍も持っていると言う事です。

当初はプルトニウムを核燃料サイクルで使おうとしたのですが、
10兆円も費用を投じたもんじゅが失敗に終わりましたので、
プルトニウムの使い道が無くなってしまいました。
もんじゅの廃炉には、さらに1兆円かかると見られています。

プルトニウムはウランと混ぜてMOX燃料として
プルサーマル発電に使う方法もありますが、
残念ながらプルトニウムの使用料は微々たる物です。
それに、使用済み核燃料はどんどん増える一方です。
原子力発電は、未来の子孫に重くのしかかる、負の遺産です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wpp********さん

2018/9/1821:26:59

原発については国防問題でもあります
日本には原発がありプルトニウムが合法的に存在しています
このプルトニウムは少し手を加えるだけで核弾頭に変わります
その技術を日本は持っています
併せて種子島からロケットを打ち上げる技術は大陸間弾道ミサイルと全く同じ技術です
後はプルトニウムの核弾頭化つまり小型化ですが公式にはコレだけが存在しない事になっています
でも日本に出来ないと思います?
そう考えると日本は核を保有しない!と言いながら明日にでも核武装する事が出来るんです
その為の原発技術でもあるんです
コストが安いとか火力より環境にいいとかなどより核武装の為でもあります
国際的にも明日にでも核武装宣言する可能性の高い国トップとして日本は毎年IAEAの査察を受けています
一般的には
①プルトニウムを保持する事
②プルトニウムを小型核弾頭化する事
③大陸間弾道ミサイルの開発
どれも開発にハードルが高いんですよ
それを可能にしてきたのが原発なんです
核の平和利用である原発
宇宙への研究と挑戦と言う名のロケット
原発廃止はエネルギー問題だけでは無いんです

tak********さん

2018/9/1617:34:48

やめられないのは燃料以上に国の環境の問題の方が大きいと思います。

変えたいなら今思い付く所なら、
ダメもとで小沢さんが総理になっていれば解決策があったかもしれませんね。

変える必要があるかは解りません。叶わぬ事に労力を使うのは厳しい事です。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

yak********さん

2018/9/1522:41:19

貴方が真面目に質問しているのであれば、この「放射脳」が多く生息しているカテゴリーで質問しても意味はありません。

何しろ、何の科学的根拠も論理性もなく、思い込みや反原発団体のURLや、反原発メディア(朝日、東京、毎日系、NHK)の記事を信じ込む回答ばかりですから。

エネルギー、原発に関する正しい情報は以下のHPを見れば分かります。

IEEI、IOJ、GEPR、SNW、エネルギー問題にはつげんする会、原子力国民会議、日本エネルギー会議

そして、高レベル放射性廃棄物の処分に関してはNUMOのHPで分かります。

なお、反原発派、似非学者、「放射脳」の酷さについては、2011年6月かた続いている以下のブログに、根拠と共に記録されています。

「福島信夫山ネコの憂うつ」

www********さん

2018/9/1520:33:20

問題はそこなんですよ。
廃炉にしないと永遠とそこに危険極わりない核燃料があり続けるわけなんですよねぇ。
いち早く廃炉にして核燃料を安全な場所に移動すべきです。
安全な場所があるのであれば・・・

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2018/9/1517:17:35

① 『稼働していない原発にも年間莫大なコストがかかるのでなんとか再稼働して利益を生む形にした方が良い』・・・・・・稼働していない原発に『修理・補強・防潮堤など』にすでに4兆円以上つぎ込まれました。これは3.11以降に規制基準が厳しくなったことに対応するための費用です。これが『電気代に上乗せ』されているので電気代が高いのです。
この4兆円を最新式のLNG火力に回せば原発並みの出力の物を20基は作れます。その方が経済的です。
② 『停止している原発についても放射能の危険性が回避されるわけではない』・・・・・・これは走っているトラックと止まっているトラックの違いです。
止まっている原発は2011年から止まっています。すでに核燃料からの『崩壊熱』は弱くなり、ほぼ『安全』と言える状態です。
テロなどで爆破されなければ安全です。使用済み核燃料はプールから出して『気中保管』できる状況です。
③ 『使用済み核燃料』の処分方法は確立されていません。米国では『ワンススルー方式』と言って、原発から取り出した使用済み核燃料は『冷却』後に専用施設で100年間保管することになっています。
その後のことは『未定』です。
日本では『再処理』してプルトニウムを取り出して再利用を考えていますが、再処理施設がまだ稼働しないこと、プルトニウムな再利用の道がほとんどない事、さらに、その時出る『高濃度放射性廃棄物』の処理が出来ないなど未定ばかりです。
『地中処分』と言っていますが10万年の安全は考えられません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる