ここから本文です

平屋にするデメリットってあるんでしょうか?新築を考えています。土地は100坪あり...

アバター

ID非公開さん

2018/9/1517:37:30

平屋にするデメリットってあるんでしょうか?新築を考えています。土地は100坪あります。せっかく広いので平屋を…と思い、ハウスメーカーをまわったのですが「あえて平屋にする意味がない」「いや、ちょっと平屋は…

」みたいな反応でした。
階段掃除しなくていいし、子供が小さいから転落も心配だし。
屋根代はかかるかもしれませんが2階建てにしたって床や階段代がいるんだろうし…
平屋の何が悪いんでしょうか?予算は4000万円くらいを考えています。

閲覧数:
558
回答数:
21

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sai********さん

2018/9/2019:38:59

デメリットは外観が安っぽくなりがちで、最近の平屋をもてはやすブームを知らない人からするとただの安っぽい家にしか見られないという点にあると思います。

平屋はどうしても見栄えがしないので、外構で工夫するしかないと思います。平屋で見栄えのする家をつくる場合には外構に1千万円程度はかける必要があるのではと思います。

雑誌などで平屋の素敵な施工例を見かけますが、そういった家は2階建てならもっと見栄えのする家になるはずです。

また、アメリカやカナダ、オーストラリアでは平屋は完全に低所得者向けの住宅という位置づけです。海外のそれなりの家では必ずといっていいほど高い吹き抜けが求められるので(吹き抜けが無い家は低所得者向け住宅とみなされます)20ft以上(6m以上)の天井高を確保するには必然的に2階建て以上の建物になります。

また、日本では2階建ての歴史は古く、室町時代から2階建てが登場しており、現存する歴史的な名建築の住居も二階建てが大半です。平屋はここ最近のブームというだけで、日本の過去の歴史をみても平屋が良しとされた時代は無いと思います。

豊臣秀吉の時代には大阪の城下町では平屋は貧相なので禁止されていました。
また、家康の江戸時代初期では上級武士以外が二階建て住まいの住むことを禁止されていたという事実もあります。ですので、日本では本来、2階建ての方が高級で高貴な建物という価値観があります。(※参照 近世絵図地図資料集成 09巻)
https://www.kagakushoin.com/products/detail.php?product_id=210


平屋はどちらかというと朝鮮半島の建築に多い様式で、日本様式にこだわるなら2階建てということになります。
見栄えや空間の拡がりを気にせずに老後の事を重視されるのであれば平屋という選択肢も良いと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/20件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pgo********さん

2018/9/2112:10:36

平屋のデメリットは、「陽当りの確保」「部屋数」「坪単価が高い傾向がある」といったところです。ですが、この辺は工夫次第で対応できるような気がします。

また、どこに依頼するかにしても平屋の事例がある所に相談してみてはどうでしょう。例えば、こちらだと、オシャレな感じの平屋を手掛けています。
https://www.r-plus-house.com/gallery/?keyword=11
プランニングや設計を建築家が担当するので、一般的なハウスメーカーとかよりも平屋作りに向いているかもしれません。

dam********さん

2018/9/2012:06:12

最大のデメリットは、日当たりが悪く
なることと思います。田舎の広い
敷地の家ばかりならよいですが。
次に空き地が狭くなり、隣家と近く
なります。最近の洪水被害では
屋根に上がっても助からないかも
しれないので河川の近くなど、
避けるべき立地が多くなると思います。
そうゆう私の家も平家です。
予想したわけではないですが、高齢の
母が車いす生活になり、本当に平屋の
バリアフリー住宅でよかたっと思っています。
建築店は、狭い敷地に2階建てを
たくさん建てたいのです。そのほうが
儲かるからです。

ya_********さん

2018/9/2011:47:46

大工やってます。
平屋が建てられるなら平屋を勧めます。

ant********さん

2018/9/1918:57:25

住心地などのデメリットは他の方が既に述べられているので、ちょっと別の意見を・・・

平屋は一種の一時的な流行りのような印象を持っています。ですので
平屋にこだわると軽率なミーハー的な人間にみられるかもしれません。

ファッションに人一倍こだわりを持っているにも関わらず個性が無い、ファッション雑誌からそのまま出てきたような方ほど平屋へのこだわりが強いという印象を強く持っています。ファッション雑誌などで平屋特集でもされているのでしょうかね?

平屋は良い面もたくさんあります。他の方が挙げられていないデメリットは屋根と外壁の取り合い部分は施工が難しく、施工不良の多い箇所ですので雨漏りや断熱欠損のリスクが増えることは間違いないと思います。

また屋根面積が増える分、日射熱の影響箇所や熱損失の面積も増えることになるのでより高性能な断熱性能が求められることになります。

a4b********さん

2018/9/1915:22:34

今はどこのメーカーも平屋をウリにしてると思っていたので、ちょっと意外ですね。ここは地方都市だからかな?平屋、すごく流行ってますよ。広告なんか平屋ばっかり。そんな我が家も平屋です。
HMの話では、実際に平屋希望で来た客の8割は金額的な理由で二階建てになると聞きました。

でも4000万有れば立派な平屋が建つと思うし、私も初めての平屋暮らし(実家は2階建て)ですが、特にデメリットは感じてません。

ただ気を付けなければいけないのは、周りの環境だと思います。
我が家は120坪の土地に33坪の平屋ですが、そんなにゆとりがあるとは思いません。さらに周りは全て二階建てです。
とはいえ東南角地である上、東側の道路の向こうは林、北側が空地、西側隣地も家屋が我が家より北側に奥まっている為、あまり視線を感じる事は有りません(南側の家も南道路が広い為やや距離があり、北面なのであまり窓も無い)が、隣家が近くて二階建てだと見下ろされてる感(あるいは圧迫感)が強く、あまり良い気分ではないと思います。

そこで私からのアドバイスとしては、どうせ平屋にするならスキップフロアやロフト、屋根裏収納なんて中途半端な事はやめて完全バリアフリーにしましょう。下手に階段やはしごを設けるくらいなら、まともな2階建ての方が絶対使い勝手良いです。そして、それだけの予算があるならば、隣家がある場合は、接道から土地自体に擁壁を用いて1~1.5mほど上げてしまう事です。2~300万掛かるかもしれません。
でもそうする事で見周りからの下ろされてる感と、庭も含め道路からのプライバシーはある程度確保でき、また隣家の影による日陰(特に冬)も軽減できます。
接道と同レベルのGL(グランドライン)で高い塀やフェンスで覆うと、平屋の場合特に閉鎖感が強くなるのでお勧めしません。
我が家は擁壁を用いるお金をケチった為、GLを接道から50センチほどしか上げなかった(擁壁を用いない限界高低差)ので、前面道路を通る車のヘッドライトが気になり、そこだけは今でも後悔しています。
もし隣家が近くに無い状態なら擁壁も必要ないですし、平屋は庭も含めてコーディネートする面白さもあるので、楽しいと思いますよ。
ちなみに外構費は建築の10~20%あるいは敷地面積1~1.5万/平米(100坪なら330~500万)は見てほしいですね。そうするとかっこいい平屋が出来ます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる