ここから本文です

民法の地上権の処分について質問があります。 「地上権者は設定者の承諾なしで...

was********さん

2018/9/1603:15:09

民法の地上権の処分について質問があります。

「地上権者は設定者の承諾なしで地上権を譲渡ができる」理由として、地上権が物権の持つ直接性・排他性という性質上から可能というのは確かに納得できます。

しかし、用益

物権は交換価値を備えていないということを考えると、地上権の譲渡は処分行為に当てはまる、つまり交換価値に該当すると思うのですが、なぜ利用価値しか備えていないはずの地上権が処分可能となるのでしょうか?よろしくお願いします。

閲覧数:
58
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohn********さん

2018/9/1607:33:31

所有権は、物を全面的に使用・収益・処分することができる権利であり、ここから使用・収益の権限を取り出して物権化したものが、用益物権です。

用益物権の譲渡は、使用・収益権の譲渡であって、所有権の内容である処分行為ではないと考えます。

  • ohn********さん

    2018/9/1609:27:30

    用益物権について処分行為という言葉を使用することは自由ですが、それは、所有権の内容としての処分行為とは異なるということです(概念の相対性)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/9/16 09:53:25

お二方、回答ありがとうございました。

用益物権は交換価値を備えていないとの日本語が変との指摘がありましたが、『リアリスティック民法Ⅱ』p.135に「用益物権は利用価値しか備えていない」という記述からこの様な表現を使いましたが、あまりよろしくなかったようですね。

今回は私の頭でもスッキリ理解できたという点でこちらの方をベストアンサーとさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zak********さん

2018/9/1608:17:59

用益物権は交換価値を備えていないとの日本語が変だが出所は?

おそらく担保物権は交換価値を把握するものだと言う記載からあなたが適当に考えた言葉?

用益物権は物の使用収益をできる権利で
物を処分し、対価を取得する権利ではない

これわかる?
地上権の譲渡は『物(所有権)を処分しない』
『地上権と言う権利を処分するだけ』
よって、用益物権とは~、担保物権とは~と言う『物の所有権が持つ権利の一部を取得する権利』がどうのと言う話は関係ない

地上権の譲渡は物の所有権とは関係なく、地上権そのものを処分するだけの話

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる