ここから本文です

ウクライナ東部には、親ロシア派が多いと言われていますが、ロシアによるクリミア...

アバター

ID非公開さん

2018/9/2100:31:33

ウクライナ東部には、親ロシア派が多いと言われていますが、ロシアによるクリミア併合とウクライナ内戦への介入によって、東部の親ロシア派の住民たちのロシア感情も悪化し、ウクライナ東部でも西部のように反ロシア

感情が高まりつつあるのですか?

閲覧数:
88
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/9/2211:43:09

反ロ感情を持つ住民は既に故郷を捨てて流出しています。現在のウクライナ東部を仕切っている人民共和国政府はロシア政府の傀儡で、域内では表現の自由や民主的な選挙は機能してません。ウクライナ国旗を持っているだけで逮捕されるレベルです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bir********さん

2018/9/2212:34:53

マレーシア航空の旅客機がウクライナ東部で
撃墜されたとき親ロシア派やロシアは、
ウクライナ西部政権軍によるものだといって
罪を、なすりつけようとしたが、もっと
始末の悪いことに撃墜されて墜落した現場に
真っ先に到着したウクライナ親ロシア派の
民兵らは遺体の追いはぎ貴重品の窃盗を
、やっていて、その、まきあげた物品には
キャッシュカードも、あって、そのカードで
買い物まで、されたそうです。
その後、旅客機のブラックボックスは返還
されたが、略奪民兵どもが、そういった
機器を旅客機から、ひっぺがして売ろうと
したのを、さすがに、それを、やったら
マジ国際感情の極悪化になるので、あわてて
取り上げて返したテンマツだったそうで、
そういうゴロツキがウクライナ東部には
多いみたいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2018/9/2102:29:10

ウクライナは、ポーランドがこの地を支配していた時、ポーランドが進めたポーランド化政策により、ロシア文化とポーランド文化が混じって成立しました。
ポーランド支配は、西から東へと行われ、ポーランド分割によるロシアのポーランド侵攻が東から西側に行われた結果、西ほどポーランド化がすすみ、東ほどポーランド化が進んでいないという状況になっていました。
ウクライナでは、ソ連崩壊後、経済政策の失敗から、経済的に非常に困窮することになります。
そのため、西部は、EUに加わることで経済的苦境から逃れようとし、東部は、ロシアとの関係強化により経済的苦境をのがれようとしたため、ウクライナでは、親西欧派と親ロシア派が対立し、政策が安定せず、ますます苦境にたつことになります。

親ロシア派のヤヌコーヴィチ政権に対して、アメリカやドイツが支援する過激勢力がクーデターを引き起こし、ヤヌコーヴィチ政権を打倒し、ロシア排除政策を強行します。
ウクライナ語の強制とロシア語の使用禁止や、ロシア人の公職からの追放などです。
それに対して、ロシア人が多数派を占めていたクリミアでは、住民投票によるウクライナからの独立とロシアへの統合が行われます。

クリミアのロシアへの編入の動きに刺激され、ウクライナ東部でもウクライナからの独立とロシアへの統合を求め、ドネツク州などが独立の動きをしたため、ウクライナ軍が侵攻し、ロシア系住民の追放や虐殺などを行ったため、ドネツク州、ハリコフ州、ルガンスク州において、ロシアに支援されたロシア系住民とウクライナ軍との戦闘になります。

一方、西南部のオデッサ州でも、強硬なウクライナ化政策に反発したロシア系やモルドヴァ系住民も暴動を起こすことになります。
モルドヴァとウクライナの間には、南ベッサラビア問題という領土問題が存在していたため、南ベッサラビアでの暴動に、モルドヴァやルーマニアが介入すると、EUの分裂になりかねないため、アメリカやEUは、ウクライナに極端なウクライナ化の修正を迫ることで、オデッサ州の暴動を抑え込みます。

極端なウクライナ化政策が転換されたことで、ロシア人とウクライナ人の混合地域では、暴動の沈静化が見られますが、極端なウクライナ化を求めるグループは、それに反発し、住民の大半がロシア系であった東部諸州への攻撃を強固にします。
それに対してロシア側も親ロシア勢力への支援を増大させ、民兵を送り込んだりしたため、ウクライナ東部は、事実上ロシアの影響力下に入っているのが現状です。

ロシアとEU、ウクライナ政府とは、何度も停戦協定が結ばれますが、その停戦協定の大半がウクライナ武装勢力により破棄され、すぐに戦闘が開始されるという事態に陥っています。

met********さん

2018/9/2102:15:55

日本人にはピント来ませんが、ヨーロッパでは国家と民族がしばしば食い違っています。○○系××国人というのがそれです。

ロシア帝国の時代からソ連の時代にロシア人はウクライナに大勢移住し、その子孫はウクライナ国民になっています。
つまり、ウクライナにはロシア系ウクライナ国民が大勢います。特にウクライナ東部がそうです。

彼らは、ウクライナ国民ですが、言語など、文化的にはロシア民族です。
このためできればロシアに編入されたいと思っています。

これがウクライナの親ロシア派。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

cap********さん

2018/9/2101:44:35

質問文に「ウクライナ東部には親ロシア派を多い」とありますが、それもその筈で、ウクライナ東部にはロシア人が多いのです。
つまり、ウクライナ東部のロシア人たちは「オレたちもウクライナを離れロシアに帰属しよう」という考えでした。

その理由は、米国がウクライナでクーデターを発生させる目的で支援したウクライナ人らはバンデラ主義者と呼ばれ、古くからロシアとロシア人を敵視する過激派集団だったからに他なりません。
ちなみに、バンデラ主義者は独ソ戦の際も敵方であるドイツ支援に回り、ロシア人に対して非道の限りを尽くしています。

米国の支援を受けたバンデラ主義者が、クーデターによってウクライナの政権を獲りましたから、そうなればロシア人は迫害を受けることが明白な状況に陥ったことを意味し、それこそ命の危険さえありました。
事実、バンデラ主義者に虐殺されたロシア人も少なくありません。

従って、ウクライナ東部で反露感情が高まる可能性は低いですよ。
冒頭でも述べたように、彼らの大半はロシア人ですからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる