ここから本文です

北東はじめじめ湿気がこもりやすい…ということですが それなら窓をつけて換気すれ...

uk_********さん

2018/9/2406:00:03

北東はじめじめ湿気がこもりやすい…ということですが
それなら窓をつけて換気すれば…と思ってみても、
家相では閉塞した空間(窓がなく壁で囲まれている?

)が
よいということらしいです。

これに限らず、家相ではしっかり壁で囲われているほうが
吉相ということが多いように思います。

家相では窓が少ない家が吉相なのでしょうか。

このような方面について
詳しい方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
44
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaw********さん

2018/9/2408:18:15

>家相では窓が少ない家が吉相なのでしょうか。
御冗談でしょ。誰がそんなデタラメを言いましたか?
最近では数日、否、3日程度の講習で占い師始める輩が多いので気を付けてくださいね。しかもその講師すら速成だからどんどん質が悪くなる。まずチェーン店の占い師がいる店はダメ。
さらに本を書けば売れるからとデタラメを書く輩もいるし、ネットなども人に指導しているようなタイプのサイトはあまりあてにはできません。知っている人が見れば取捨選択できますけどね。

たしかに家の大きさによっては窓が取りにくい場合もあります。
実際に私の知人は狭い土地でいい家相にしたら窓が60cmにも満たない換気用の窓程度になりました。でもそれでも部屋は充分明るかった。彼は一級建築士だったので窓の開け方と壁の色で十分な明かりが取れたんです。
日本人は間接照明を好まず、どこでも蛍光灯色を好みますが、日本家屋は元々間接照明の方が合うんです。だから蛍光灯の下に居るような明るい家を好む人は難しいですが、間接照明が好きだという人はさほど困りません。

家相というのは地上高三尺(約1m弱)までの保気する空間を言います。
古来日本家屋はおよそ地上高三尺に布団を敷いて寝ていました。そして部屋に壁ができたのはかなり時代が下ってからになります。
平安時代から鎌倉時代あたりまでの家屋をネットで検索してみましょう。そうすればおおよそのイメージが持てると思います。
今の家相と言われているものは本来の家相から妥協に妥協を重ねたものですから、促成の占い師は基礎を学んでいないので見当はずれの解釈をしてしまうという事なんです。
家相を見る気学そのものが明治以降に体系が整えられたので、そこまでしか知らない占術家も勘違いする人がいます。

先程家相は地上三尺までと書きました。従って腰高窓や出窓もこれ以上であれば家相に含まれません。
更に速成占い師が知らないことを書けば、俗世で言われているのは「後天の家相」と言われるものです。実は家相には先天の家相があり、これは地中から空に向かう気の流れを見ます。従って床や天井には通気口が必要。昔の家では床下があり、押し入れなどの天井に孔が有ったり天井板が外せる場所があったはずです。つまりベタ基礎・密閉性の高い、天井裏も床下もほとんどない現代住宅では「吉相の家は存在しない」と言っても間違いはないんです。

そして家相で運勢が変わるのではなく、運勢によって住める家が決まるというべきものです。運気が悪い人が家相の悪い家に住むようになり、自分の運気に合わない吉相の家に住んでも家に追い出されます。
「吉凶は動より生ず」が気学や風水の基礎です。「家は不動産」だから動きません。家相にこだわるより方位や毎日の暮らしの祐気取りに気を付けるべきものなのです。

質問した人からのコメント

2018/9/30 21:48:29

とても迷いましたが、読み返してみて 
考える部分が大きかったように感じて
こちらをBAにさせていただきました。

ご回答くださった皆さま、
どうもありがとうございましたm(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin********さん

2018/9/2920:17:29

〇家相の吉相は、しっかりした壁で張りがあってその先に別棟がある家です。窓は家相としては壁よりも力がありません。開ける事は家相としては壁がない状態になり、歪みが起き良くないとされます。また透明ガラスも壁に比べて力が弱いとされます。
〇例えば北東から北、北西にかけて掃き出し窓の家は北の凶相が強く出ると言われています。知人の家にこの家がありますが、この家の主婦は糖尿病になり透析を受けていましたが、この病気で死亡しました。また、この家の別の中年女性は独身でしたが不倫をしていました。いずれも北の凶相作用によります。掃き出し窓は家相としては凶相なのです。しかし、日本では東と東南と南は窓は大きくしないと採光が十分確保できないので通常は窓を広くする必要があるのです。ですからこの方角は掃き出し窓も一部置く場合があります。この場合も東、東南、南にかけてずっと掃き出し窓にする事はやってはいけません。反対に北、北西、西は窓を小さくする必要があります。例えば私の家は西に倉庫があり北西の私の部屋には西日は僅かしか当たりませんが、それでも真夏の西日は酷い暑さになるのです。知人の家でハウスメーカーの規格の決まった住宅で家の南の中心に玄関を置き左右対称の部屋を置き、どの部屋も大きな窓を置く家がありますが、通常は南に向けるのですが敷地が南北に長く東西が狭いので西に向けた家がありますが、西に大きな窓の家は夏暑く冬寒い家であり愚の骨頂の家と言っていいと思います。
〇家相の力としては理想としては窓がない家つまり壁で作る家が良いのですが、そうなると暗い家となり採光の面で凶相となります。ですから両方のバランスが必要です。この両方の面を叶える方法としては全ての窓に障子を付ける方法があります。そうなると自然家全体を和風に建てるほうが良いという事になります。私の見た家相の家は全て和風です。そして通気の為の換気口があります。この面でも完全に壁で囲み空気が変わらないのは凶相です。
〇玄関の正面に窓がある場合は、障子をするのが対策の一つです。できなければカーテンをするのもしないよりは良いでしょう。ですがカーテンは障子より家相としての力はありません。
〇今日の多くの風水の説は間違いや子どもじみた内容が多く「ままごと遊び」の様な感じです。私は風水師の指導で家を建てるなと何度も警告しています。日本で風水師を名乗る人はイカサマと言っていいです。
家相では母屋は本人と本人の体を表し、別棟は他人との関係を表します。信じがたいかもしれませんが、家と人は長く住むほど運命も健康面も「一体化」してきます。母屋の一部でもカビが生えるのは自分の体の一部にカビが生えているのと同じなのです。長年住むと殆どの家の風呂はカビが生えますが、それは自分の体の腐敗を意味するのです。だから水回りの物は母屋に置いてはいけません。家相によって起きた病気は解決不可能です。解決するには、その家を出るか改修するしかありません。風水グッズや風水アイテムは誤魔化しであり、風呂やトイレやキッチンの凶相を植物や風水グッズ等で「化殺」する事は不可能です。風水で言われる化殺とは「化かし」であり「騙し」と言っていいです。パワーストーン、玄関マット、シーツ、カーテン、風水グッズ、アイテム、鏡等で「化殺解決解消」と言う風水の本は騙しです。それら家相の凶作用は物で解決はできないのです。家相の凶相作用は、それに気づいた時は手遅れです。この知恵袋を読んでいる多くの人は家相を信じません。しかし、それが本当であると気付いた時はそれが原因で死ぬときなのです。
〇上記の家の湿気や黴という点で通気が大事ですが、質問の「壁で囲むのが吉なのか」という考えには「壁で囲ったうえで通気の為の換気口を置く」という視点が家相の理想とはしては必要なのです。家の1か所でも空気が淀むとそれは家人の病気等となって出てきます。ですから家相の良い家は「しっかりした壁で換気口で通気を良くして窓は障子を付けた欠けのない張りのある家」となります。また、更に追加すれば気を取り込む為ベタ基礎ではなく布基礎で作った家となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hya********さん

2018/9/2406:10:02

私の場合は殆ど家相は無視して家を建てましたよ。

十分な採光、換気等を最優先させました。

不吉な事が起こらない様に、毎年新年のお参りや、先祖の供養など、沢山やってれば大丈夫、だと私は思っています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる