ここから本文です

旅行会社に詳しい方、教えて下さい。 ①チケットやツアーを予約して、 その後 ...

zjl********さん

2018/9/2707:40:53

旅行会社に詳しい方、教えて下さい。

①チケットやツアーを予約して、
その後 入金、発券となりますが、
万一、その旅行会社が倒産した場合でも、
航空券が確保 発券されていれば、
入金

の額に関わらず(例えば内金だけでも)
客はチケットを入手することは出来ますか?

②キャンセル可能な商品の場合
(多くが30〜40日前まで無料でキャンセル出来ますが)
客がキャンセルした航空券は、どうなるのですか?
出発日が近づくと座席料金も上がってきますが、
旅行会社は、航空会社に取消料を支払って
新たにツアー料金を上げた商品を再発売するのでしょうか?


いずれも愚問でしたらすみません。
旅行会社のしくみが全く判っておらず、
高額料金を振込むに当たり、
てるみくらぶ の事を思い出して、
色々不安や疑問が沸いてきました。
よろしくお願いします。

閲覧数:
191
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

s_l********さん

2018/9/2710:17:37

(1)旅行代理店が経営破綻(最近は「倒産」は「民事再生」などの企業活動が継続するケースを正確に表さないことからこのような表現を使うことが一般的になっています)した場合、破綻直前にどのような行動を起こしていたかによって変わってきます。

発券済み航空券の代金は航空会社または決済機関に入金済みで、発券は正当であれば、航空券は使えます。
航空券代金が未入金のまま業務を停止した場合は、航空会社は基本的に発券しているが予約を取り消しにかかるため、航空券は無効です。
入金済みであっても、破綻直前に現金確保の目的で旅客に確認しないまま発券を取り消す(払い戻す)こともあり、この場合も航空券は無効です(てるみの例)。
一部入金済みでは発券に入っているかどうかわからないため、基本的には乗れない、と解釈しておくのが一番よいでしょう(旅客である貴方が債務の支払を行っていないのですから)。

ホテルに関しては、事前にホテルに対して入金されていることは「ほぼない」(ホテルはバウチャー情報を元に請求をたてて入金を受ける)ので、取り次ぎが破綻した以上、代金を受け取れない状態にありますから、通常は予約を外します。ただし、ホテル側と直接交渉により、ホテル側の便宜が図られるかどうかは別の問題です。

(2)団体航空券のばら売りという、いわゆる「格安航空券」にありがちな形態では、大抵はホールセラーが一括して持っており、各社は枠を押さえておいて航空券の発券期限(ネームイン)になると、搭乗者名を確定させて発券します。ネームインまでは航空券は「誰のものでもない」ので、キャンセルされて枠が浮いた分は当然キャンセル待ちしている者か、他のプランなどへ充当しますが、その時いくらで販売するかというのは当然ながら旅行代理店の裁量ですから、上がるかもしれないし下がるかもしれないし。
もちろん、単に手配旅行契約で発券した航空券のキャンセルは元の運賃に決められた規則にひきずられますから、包括旅行運賃とは事情が違います。


旅行代理店の経営リスクを議論すると、結局のところリスクと安さのトレードオフにしかならない、ということをしっかり認識した上で利用することが肝要です。
そういう意味では、以下の図式が成り立つでしょう。
基本的には財務基盤やグループの後ろ盾がしっかりしているかどうかという部分で見ていくことになります。

<一般に堅いと言われる>
航空会社直系の代理店(JALPAK/ANAセールス/キャセイホリデーなど該当)
国内大手(JTB/KNT/日旅など該当)
新興大手(HISなど該当)
--------いわゆる「超えられない壁」--------
その他有象無象の各社(知恵袋で「安全ですか?」と聞かれる会社はほとんどここ)
2種業者・3種業者
<一般に危ないと言われる>
※ただし特定地域・分野に極端に特化して強い事業者もいます(「世界一周堂」「沖縄ツーリスト」など)
※あくまでも回答者の主観です。社名の例示は特定の企業を貶める意図はありません。

質問した人からのコメント

2018/10/3 08:52:52

皆さま、どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

maz********さん

2018/9/2709:48:36

ケースバイケースですが、結局のところ、旅行会社から航空会社やホテルにお金が支払われているかどうかが問題です。

いまどきは、代金が航空会社に支払われた時点で予約が正式に成立し、同時に航空券が発券されます。
したがって、旅行会社が客から受け取った代金を航空会社に支払って発券し、航空券の情報を客に送った後であれば、客はその航空券を利用できます。
例えば旅行会社の資金が底を尽きていて、客から受け取った代金を別の支払いに使ってしまい、航空会社への支払いが行われていなかったというケースだと、航空券は発券できていないので受け取れないでしょう。
てるみくらぶ等で問題になったのはそういうケースだったかと思います。
内金だけの段階だと、航空会社が航空券代全額を回収できないので予約がキャンセルされ、航空券は受け取れない可能性が高いです。

30〜40日前まで無料でキャンセルできるというのは、使用するツアー用航空券の条件がそうなっているからでしょう。
つまり、それまでなら旅行会社も航空会社にキャンセル料を支払う必要がないので、客に請求するキャンセル料も無料というケースが普通かと思います。
なんにせよ、もしキャンセルが出たら、出発日までの日数で一律に値段が決まっているものならその時点での値段で再販売するだけです。
パックツアー商品なんかはそもそも「時価」ということになっていることが多く、複雑に値段が上下しますから、ある1グループの客がキャンセルしたかどうかはあまり関係ないでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

som********さん

2018/9/2709:45:01

全ての質問には 多数の回答が存在するので こうなる!と確定的には回答できません。あくまでも一般論ですが、旅行会社が販売する格安航空券 と称するものは、旅行会社からの航空会社もしくは仲卸会社のホールセラーへの支払いは、後払い 仕入れ日の30日後~90日後になっています。なので 旅行会社が倒産と言う状況に追い込まれるのはこの負債の支払いが滞っているということを意味します。航空会社への支払いがされていないわけですから、予約は無効になるわけです。②に関しては ケースバイケースなので こうなるというような回答はできません。

fwn********さん

2018/9/2709:19:55

>①チケットやツアーを予約して、
その後 入金、発券となりますが、
万一、その旅行会社が倒産した場合でも、
航空券が確保 発券されていれば、
入金の額に関わらず(例えば内金だけでも)
客はチケットを入手することは出来ますか?

倒産した旅行会社はもぬけの殻なので、チケットの発送業務をする人材がいないと考えられます。

>②キャンセル可能な商品の場合
(多くが30〜40日前まで無料でキャンセル出来ますが)
客がキャンセルした航空券は、どうなるのですか?
出発日が近づくと座席料金も上がってきますが、
旅行会社は、航空会社に取消料を支払って
新たにツアー料金を上げた商品を再発売するのでしょうか?

旅行商品によります。
国内旅行の場合は、席だけ確保して手仕舞日に席数が確定した段階で発券するので、予約発生の都度発券している訳ではありません。手仕舞日まではAさんがキャンセルになってもBさんの予約がくれば、Bさんで発券すればよいのです。
団体航空券の場合極端な話ですが当日航空会社のチェックインカウンターで搭乗手続き時に旅客全員の名前変更も可能です。

cue********さん

2018/9/2707:50:56

信用できない会社は使わないことです。
我が家はツアーには行かず個人旅行です。
自由で美味しいしツアーの場合時間も決まってますし。

aki********さん

2018/9/2707:50:48

1 できない可能性があります。なので、最近だとてるみ倶楽部?とかで問題になりました。
バウチャー券などの引き換え券ではなく、実際航空券などが発券されてるなら問題ないですが、ホテルはだいたいはバウチャー券のため宿泊できない可能性があります。

2 実際の航空券に関しては、航空会社との取り決めがあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる