ここから本文です

廃仏毀釈でフルボッコにされたのに なんで今だに日本仏教は葬式法事屋さんな...

nih********さん

2018/9/2921:53:51

廃仏毀釈でフルボッコにされたのに


なんで今だに日本仏教は葬式法事屋さんなん?

閲覧数:
76
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

num********さん

2018/9/3000:02:58

廃仏毀釈でフルボッコされたわけではないからです。

政府が出したのは神仏分離令であって、
これを拡大解釈した一部の過激派や藩が
暴徒化して推し進めたのが廃仏毀釈です。

それも、ほとんどが江戸時代の寺請制に胡座をかいて
暴利を貪る寺院に対する打ちこわしの様なもので、
住職が要求を飲めば大抵すぐに収まりました。
一部の原理主義的な過激派の暴動は続きましたが、
政府は何度も暴力の禁止を勧告して
2~3年で完全に鎮静化されています。

破壊の度合いは藩によってかなり差があり、
未だに大半が神道式の葬式を営む地域もありますよ。

廃仏毀釈が必要以上に過激に伝わっているのは、
被害を受けた側による誇張と
明治政府の暴挙を捏造したい戦後民主主義の思惑
が複雑に絡んでいるという事情があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2018/9/3009:48:27

まあ戦争指導者っちゅう思想家たちがやった事ですので、、、

それも人類の罪です。

ski********さん

2018/9/3008:01:38

仏教を強制した幕府への積年の恨みと神道一辺倒の明治政府への媚びへつらいです。

いざ寺がなくなったら墓場の始末に困り復活したのです。

kut********さん

2018/9/3006:27:29

寺から抜け出したいが、100万円以上も離断料を払えといわれ、また墓移動にさらに2~300万もかかれば、ためらってしまいますよね。

なお、寺に元気がなかった明治~大正時代ころに、神道に改宗できた人はラッキーですね。 葬儀費用も、儀式の費用も格安です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gre********さん

2018/9/3000:58:33

微妙にちゃいますよ。

明治維新時の神仏分離令により、仏教寺院は寺領と藩主などの有力武士の庇護(金銭的援助)を失うわけです。

簡潔に言えば、収入が激減しました。

その収入減を補うために、葬式と法事に活路を見出したのです。

派手でお金がかかる葬儀が一般化したのは、明治以後の話です。

それ以前までは、豪商や有力武士くらいしか、お金のかかる派手な葬儀はしていなかったのです。

明治時代には、「家から三人死人が出れば家は傾く」と言われていました。
庶民層にも、派手で豪華な葬儀と法事を寺が主導して普及させていったのです。

神仏分離令とそれの余波である廃仏毀釈によって、各宗派も教義の変更を余儀なくされました。このあたりのことを調べるとちょっと面白いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fun********さん

2018/9/2923:42:10

廃仏毀釈なんてお寺や仏像を無くしても
お釈迦様の正法が残ってたら、なんの問題もないのですよ、それに葬式や法事は仏教じゃないですから

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる