ここから本文です

農閉期の田んぼを、冬に水をいれたりして生き物たちの為に提供する農家がいると聞...

アバター

ID非公開さん

2018/9/3011:50:48

農閉期の田んぼを、冬に水をいれたりして生き物たちの為に提供する農家がいると聞きましたが、本当ですか?

閲覧数:
46
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tjm********さん

2018/10/101:26:08

関東では霞ヶ浦周辺が積極的に行っています。

藁や米ぬかは水の中で分解され、冬鳥たちの糞が肥料となります。泥の中にイトミミズが増え、イトミミズが排泄物を積もらせることで、土がいわゆる「トロトロ層」になります。

このトロトロ層に雑草の種が埋もれ、雑草の発芽を抑制してくれますし、翌年の肥料も軽減することが可能です。
水田は冬期は休んでしまうのがデメリットですので、このような農法がもっと増えれば良いと私は思います。

こちらの本に詳しく書いてありますので、一読してみると良いでしょう。
「発酵の力を暮らしに土に米ぬかとことん活用読本」

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pur********さん

2018/10/107:37:23

佐渡のトキの田んぼの話を聞いた事があります。
http://www.niigataya.net/original91.html

you********さん

2018/9/3012:56:55

うちの地域では「冬水たんぼ」と呼んで行政が推奨しています。
白鳥の飛来地では、水を張っておくと助成金がもらえる町もあります。

ten********さん

2018/9/3012:21:44

白鳥がこぼれた稲穂を食べに来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる