ここから本文です

オーバーロード1巻286ページで

アバター

ID非公開さん

2018/10/108:05:25

オーバーロード1巻286ページで

アルベドが言っていた「例外の娘が一人いますが」というのは誰のことですか?

閲覧数:
409
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

青ペンさん

2018/10/108:20:47

桜花聖域の領域守護者のオーレオールオメガです。
100レベルで、プレアデスではなく、プレイアデスのリーダーをしていますが、領域守護者なので、普段はプレイアデスではなくプレアデスであり、リーダーはセバスです。
巫女の姿をしているそうです。
作中でははっきりと登場したことはありません。質問のように匂わす程度でしか未だ出ていません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/3 18:34:01

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gav********さん

編集あり2018/10/109:12:13

「オーレオールΩ」のことです

質問の内容は「人間が嫌いか?」です

この質問に対してアルベドはYES。>つまり人間が嫌いということ

例外の娘が一人います。>つまり人間だけど嫌いじゃない存在がいる

=アルベドが唯一人間だけど嫌いではない娘がいるのです
それが「オーレオールΩ」です

オーレオールΩとはプレアデスの末の妹であり、ナザリック内で唯一の
『人間種(人間)』のNPCです

ナザリックには、たった一人ではありますが人間が居るのです。

アルベドは設定的にカルマ値最低のー500で極悪です
だから人間種、人間はとても嫌いなのですが、ナザリックの仲間であるオーレオールだけは唯一人間でも別に嫌いではないということです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる