ここから本文です

自民党が沖縄県知事選挙で大差で敗れました。 自民、公明、維新、希望フル稼働で...

アバター

ID非公開さん

2018/10/120:30:16

自民党が沖縄県知事選挙で大差で敗れました。
自民、公明、維新、希望フル稼働でテコ入れしましたが、8万票の大差で負けました。

これは那覇市長選挙も自民は負けますか?
あと、来年の参

議院選挙も危うくなりますか?

また、8万票差というのはボクシングに例えたら第5ラウンドKO敗けくらいのものでしょうか?
判定に持ち込めてますでしょうか?

閲覧数:
147
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/10/120:46:13

ボクシングで言えば

比嘉大吾です。

オーバーです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「那覇市長選挙」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kim********さん

2018/10/120:36:28

判定どころか、KO負け

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qqe********さん

2018/10/306:06:24

8万票は予想以上の大差でしたね。

前回の翁長さんと仲井眞さんが約10万票差という大差でしたが、維新の下地さんが約7万票、辺野古反対の喜納さんが約1万票を獲得していましたし、公明党(沖縄県内での基礎票は3万票ぐらいだったはず。)が自主投票で出口調査は5分5分ぐらいだったはずです。
これを単純に今回の両候補の支持政党構図に当てはめた場合、玉城陣営と佐喜真陣営の票差は、
10-7+1-3=1万票差ぐらいがベースだったといえます。(あくまでざっくりした考えですが。)

直前までのマスコミ各社の情勢分析がほぼ五分だったにも関わらず、結果は前回ベースの票差に7万票差も上乗せされたってことになりますので、前回の大差並の衝撃と言っても過言ではないかもしれません。
マスコミによっては8時台のかなり早い時間に当確を打ったそうですので、ほぼ秒殺といってよろしいかと。ボクシングに例えたら1Rの1~2分台でKOでしょう。

また、那覇市長選の両陣営の候補者が固まった段階での選挙でしたので、那覇市における両陣営の大きな得票差を見る限り、現時点では自公陣営にとってかなり絶望的な状況であることは確かでしょう。ここまで負け戦になる可能性が見えていると、中央からの応援もほとんど来ないかもしれませんが、それはむしろ好印象かもしれません(苦笑)

来年の参院選沖縄選挙区は、候補者が固まったわけでもなく、まだまだ先の話で情勢変化はいくらでもありえますのでなんとも言えないです。今回は想定外ともいえる大差になりましたが、佐喜真さんご本人はそれほどマイナスイメージが付いているわけではないので、自民党の最有力候補かもしれませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる