ここから本文です

黒体と黒体輻射の説明がいまいちわかりません。

アバター

ID非公開さん

2018/10/1208:00:05

黒体と黒体輻射の説明がいまいちわかりません。

「内部が一定の温度に保たれている空洞の壁に非常に小さい穴をあけて外部から見ると,それは黒体とみなされる。」

と書かれてますが、ハテナ?です。

空洞のある物体は例えば太陽光とか反射しますよね。

じゃあ小さい穴、一点だけを黒体として扱う・・・?

でも穴から出てくる空洞内の定常波?って、穴そのものとは別なような。

閲覧数:
62
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

2018/10/1208:47:53

小さい穴、一点だけを黒体として扱うんですよ。

そこに「真っ黒い物体がある」のと「真っ黒い穴がある」のとを、区別できるか、ってな話なんですけどね。
なにせ「黒体」の話ですから。本気で真っ黒ですから。

穴から出てくる空洞内の定常波?ってのも、
そこに真っ黒い物体があった場合に、真っ黒い物体が出す定常波?と同じになっちゃうワケなんです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/12 10:38:00

回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる