ここから本文です

鎌倉時代の分割相続では、なぜ土地が細分化されていったのですか?

chi********さん

2018/10/700:26:04

鎌倉時代の分割相続では、なぜ土地が細分化されていったのですか?

閲覧数:
197
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

won********さん

2018/10/702:03:04

分割相続とは文字通り、親の土地を子供兄弟で分割して相続する方法だからです。子供が3人いれば1/3に、4人いれば1/4に細分化されるのが分割相続です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sis********さん

2018/10/701:20:52

土地というのは戦での活躍に応じて幕府から与えられます。持っている土地は相続が認められており、当然武士は我が子にこれを相続させる訳です。ですが当時は子沢山でした。土地というのは収益そのものなので、無いと武士として暮らしていけません。なので親は土地を分割して子供たちに継がせた訳です。故に、だんだん一人の武士が持っている土地は小さくなっていきます。
ですが、幕府が武士たちに与える土地は、幕府逆らう敵を倒してそいつから取り上げた土地な訳です。なので幕府が日本を平定し平和が訪れると、戦が起こらないので土地も増えません。土地が増えないので武士たちに土地を与えられませんし、そもそも武士も戦功を立てられないのです。日本は狭いですからね。
そしてこの問題が顕著になったのが元寇です。あれは外国からの防衛戦争なので、武士たちを動員しお金をかけても、敵からぶんどれる物がないので幕府は赤字ですし、武士たちに与える土地も得ることが出来ません。そうして武士たちに不満が溜まっていき、徳政令などで富裕層からも不信を買い、幕府は力を衰えさせていきました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる