ここから本文です

18ブラストLTはなんであんなに軽くて機能満載なのにあの価格なのでしょうか? シ...

nhj********さん

2018/10/820:47:07

18ブラストLTはなんであんなに軽くて機能満載なのにあの価格なのでしょうか?
ショアジギに使用するために6000番を予約したものの、細部まで見るような人にしかわからないような部分でコスト削

減してそうで気になります。
それとあんなに軽いのは肉抜きしすぎか、スプールにくらべてボディが従来の品より小さかったりしないのですかね?

閲覧数:
3,184
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hkp********さん

2018/10/823:43:37

従来の3500番にベイトリールのスプール形状をフィードバックした新型軽量スプールにアルミ合金製ギアが軽さの原因です。

タフデジギア(大径化と歯幅の拡大と歯断面拡大による耐久性と強度とエネルギー効率の向上であって材質は最初から関係ない)により1番手以上分強くなった事で(ダイワを信じるなら)ワンサイズ小さくても十分な強度があるという事です。(旧ブラスト比であってキャタリナ以上とは最初から勝負にならない)

だから、ボディもローターもスプールも従来の3500番と変わらないですから、従来6000番より明確に小さいです。

質問した人からのコメント

2018/10/10 23:11:00

参考になりました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yma********さん

2018/10/821:26:25

コスト削減以前に元々安いリールだからLTになろうが安いのは当然。
今のところ大型リールのLTが他に出てない為に、上位モデルとの比較も出来ない。そもそも、タフデジギアの材質も出てない(山が厚くなってるとかぐらいの説明)。
比較がない以上はどうのようにコスト削減してるものかも説明のしようが無いのも事実ですが、従来通りならギアなどの材質変更・デザイン良し悪し・ベアリング数などがパッと分かるコスト削減ですね。

軽いのは【ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわり。リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれた】と説明されて通り、そういうのがLTのコンセプトです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる