ここから本文です

条例に刑罰を設定できるのは危険ではないでしょうか。 とんでもない条例が出来て...

gh_********さん

2018/10/823:28:17

条例に刑罰を設定できるのは危険ではないでしょうか。
とんでもない条例が出来て、住民はともかく何も知らない旅行者が逮捕されてしまうかも知れません。

極端な例ですが、
例えば、ある村

はお茶の名産地だとします。
名産のお茶の消費を増やそうと、ライバル飲料であるコーヒーの村内への持ち込みを禁止する条例を制定しました。
持ち込んだら2年以下の懲役。
こういう条例を防ぐためにも条例に刑罰を設定できないようにすべきだと思います。
本当に必要なら国会を通して制定すべきです。
村議会レベルだととんでもない条例が出来てしまう可能性があります。

補足上記の例だと具体的に憲法何条違反になりそうですか?

閲覧数:
31
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hyu********さん

2018/10/909:47:26

>本当に必要なら国会を通して制定すべきです。

第九十五条
一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

結局、住民投票になるので意味がない(笑)

>上記の例だと具体的に憲法何条違反になりそうですか?

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

ま、コーヒーを飲みたい=幸福追求権で13条違反かな?(笑)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kyo********さん

2018/10/900:08:42

そもそも、刑法にもとんでもない法律があったと思います。
今後も法律にもとんでもない法律ができる可能性がありますし、条例も同様です。
ただ、その抑制のために憲法があるわけです。
法律や条例は国民を規制したりする法ですが、憲法は法を抑制するための法です。
憲法には96条の違憲立法審査権があり、憲法に反する法は消される運命にあります。
ただ、日本は付随的違憲立法審査権ですので、違憲だからと言って、それを根拠に出訴することはできず具体的な事案に付随して法律審で違憲性を判断されることになります。

net********さん

2018/10/823:42:07

条例が「違憲」「違法」であるかどうかを審査する機関は存在していますから、
そんな必要はありません。


只、同じ日本国内によっても裕福な字自体と、層で内示自体との間に、
「大きな公共サービスやその料金」の違いが実子ル存在しうる事実には、
違憲の可能性がありますよね。」

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる