ここから本文です

どうして仏教の六道って、畜生道より修羅道の方が上になるんですか?

ran********さん

2018/10/900:15:00

どうして仏教の六道って、畜生道より修羅道の方が上になるんですか?

何となく、常にファイヤーバトルで人々が殺し合いをしてるフィールドより、

お馬さんやモーモーさんが草原でパカパカやってる方が幸せに見えるんですが、、

閲覧数:
101
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2018/10/1306:53:03

仏教は人間の心の状態を「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天」界、の六つに分類しています。これを六道と言います。「界」とは状態のことです。「地獄」は絶望している状態ですが、誰かの助けを借りて希望を持てれば抜け出すことができます。このとき助けてくれた人を良縁と言い、芥川龍之介の童話「蜘蛛の糸」に通じます。「餓鬼」とは尽きることのない欲望に苦しめられていることです。「畜生」とは理性よりも本能が勝っていることで苦しむことです。これらの煩悩を克服するために、人は祈ったり、座禅を組んだり、滝に打たれたりと、様々な努力をしてきました。「修羅」とは常に他人との戦いを強いられることで苦しむことです。受験と言う戦いが終わっても、社会に出れば常に競争を強いられます。これも競争を楽しめるようになれば苦しむことは無くなります。「人」とは平穏な心の状態のことです。「天」とは有頂天になると言うように、夢がかなって天にも昇るような喜びの状態のことです。人間の心は六道のどれかに固定されているわけではなく、日々移り変わっています。この移り変わることを「六道輪廻」と言います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tas********さん

2018/10/1307:34:32

畜生道=本能の赴くまま〔理性は無い〕多少の知恵を持ち、目的が無い。

修羅界=偏屈者で、根性曲がり、理論上は理解するのに感情では理性が
伴わず、正論に逆らう。解り易く云えば、チンピラや暴走族の輩の様な、
他者を脅し、自己主張する。弱い者苛めが得意。
しかし、畜生界の本能のみと違い、理性の一分は有る。理論は解る。

zk2********さん

2018/10/919:43:12

こんにちは。「tyran」です。


「戦:いくさ」には「争いのない平和な世の中にする」という大義(理由)がありますが…「鬼畜:惨い仕打ちを平気で行う人間」には、大義がありません。

「人」は、人らしく。
「動物」は、動物らしく。

「鬼畜:畜生道」は、人間を辞めております。

「ちくしょう:反省無き言葉」

「人間」は、反省して教訓を得る生き物です。
「反省」の無い人間は、次第に人道を外れてゆきます。

「修羅道」には、まだ、人としての反省の余地(反省できる)があります。


ありがとうございました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nin********さん

編集あり2018/10/918:56:40

阿修羅王の率いる軍団は天界に攻め入る事、数億年の永きに渡り、とあります。
修羅界の住民は、天界と闘えるほどのレベルですから、動物界どころか人間界すら全く相手にならないのです。
そもそも人間や動物には、天界の住民も修羅界の住民も見えませんね。見えない相手に闘うことなど不可能なのです。何故やられたのか、わからないうちにやられてしまうでしょう。
以下が正しい序列です。
天界

修羅界

人間界

動物界

餓鬼界

地獄界

プロフィール画像

カテゴリマスター

hou********さん

2018/10/909:48:16

阿修羅はもともと天界の神だったのですが、自分の娘を力ずくで奪った帝釈天と戦ううちに善心を失い、妄執の悪となり天界を追われたいきさつがあって、人間界と畜生界の間に阿修羅界ができたのです。修羅界は果報が優れていながら悪業を行った者が生まれます。
だから、衣服や食べ物は望むままに得られますが、食べ終わると口の中に泥が広がるそうです。
阿修羅はお釈迦様の説法を聞いて仏教に帰依しましたから、畜生よりは優れています。

畜生道は下劣な振る舞いの報いとして死後に苦しい生活を送る場所です。馬や牛だけでなく、人に忌み嫌われる害虫もいるので、決して幸せではありません。

fun********さん

2018/10/907:40:47

修羅道は天界に近いですからね

人間界よりもレベルは高いでしょう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる