ここから本文です

徐庶が劉備軍を離れなければ、どんな活躍があったのでしょうか?

gra********さん

2018/10/1017:29:34

徐庶が劉備軍を離れなければ、どんな活躍があったのでしょうか?

閲覧数:
91
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2018/10/1021:30:34

正直微妙ですね。というのも、参謀役が何人いたって動かす軍がなければ活躍しようがないんですよ。

徐庶が本当に参謀役なのかはまあ議論の余地があるとは思いますが、少なくとも劉備陣営では武将ではなく知識人と見られていたし、曹操に仕えてからもキャリアは文官のそれですね。で、徐庶が劉備陣営を離れて以降はコンスタントに参謀役が参加してくるんですよ。諸葛亮に始まり龐統、法正、黄権、鄧芝、蒋琬etc.
で、それにも関わらず指揮する軍勢の総数は大して増えないわけです。もちろん、赤壁の時(約2000程度)から益州攻略戦当時(数万単位)で単純に激増はしてますが、率いる将の数がほぼ増えてないので軍が分けられません。軍が増えないなら参謀も増やさなくていいわけです。
将が増えてないから、益州攻略時の荊州からの後発組では諸葛亮が自ら一軍を指揮したりもしてます。まあこの時の諸葛亮ポジに徐庶が充てられた可能性はあるかもですね。

まあ、徐庶が居た当時からその後しばらくまでは劉備陣営も色々と人材不足気味ではありましたから、徐庶も色んな役割を担わされた可能性はありますね。諸葛亮みたいに軍を指揮したかも知れないし、龐統みたいに戦陣の中で命を落としたかも知れないし。生き残ったとしても諸葛亮と法正がいる中で参謀役として活躍できたかどうか。
徐庶や諸葛亮の学友だった連中は大半が曹操に仕えてますが、確認できる全員が文官になってます。そもそも当時の勉学は官吏として立身出世するために学ぶものなのですし、それは諸葛亮であっても変わらなかったわけです。丞相ってのは「文官の最高位」ですからね。
なので、そのあたりを考えても徐庶は曹操に仕えようが劉備に仕えようが文官として収まったんではないかと思います。特に目立ちもせず、縁の下の力持ちというか陣営の屋台骨を支える官僚の1人、というべき立場になったんではないかと。孫乾や麋竺ほどとは言いませんが、うまくすれば伝が立てられる程度には名を残せたかも知れませんね。

質問した人からのコメント

2018/10/16 23:57:01

回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sad********さん

2018/10/1107:27:26

先行回答にあるとおり、魏では特に参謀として活躍することがなかった徐庶ですし、龐統・法正・黄権らの活躍を考えると、おそらく文官としてのキャリアを歩む可能性が高いと思います。

ただし、最高権力者である諸葛亮と仲がよく、人脈のない魏政権でもそこそこの地位に上っているところから予想するに、蜀でならば高位の文官になれる可能性は高いと思います。

諸葛亮にとっては信頼でき、意思疎通しやすい官僚になる人材ですから、「特に目立ちもせず」どころか、「結構目立つ」文官になっている可能性が高いんじゃないかな?もちろん本人のその後の働き次第ではありますが。


参謀役としての可能性もなくはないかな。
夷稜での敗戦で蜀は多数の人材を失い、トップ参謀だった黄権が抜けてしまいます。
もしこのときまで参謀畑に勤めていたのであれば、黄権の後任として参謀役トップに躍り出る可能性も、無いとは言い切れません。

・・・ただし、本人は家柄が低い寒門出身で名声がなく、国のトップ・顔役として据えるにはちょっと不足感があります。
一番ありえるのは、誰かの補佐役としての活躍でしょうねえ。

目立たぬいぶし銀武将として終わるか、立伝されるほどの活躍を残せるかは、その後の本人しだいです。

kat********さん

2018/10/1018:25:02

かあちゃんを捨てたら?
横山三国志ては、親孝行設定たから、後悔で何も出来なくなるかも。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる