ここから本文です

経済学部の学生はM.フリードマン「資本主義と自由」を読む機会はありますか?

gal********さん

2018/10/1109:19:11

経済学部の学生はM.フリードマン「資本主義と自由」を読む機会はありますか?

閲覧数:
39
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2018/10/1109:54:35

新自由主義の古典ですし、構造改革や規制緩和なども概ねこの本に書かれている内容で検討されたと言っても過言ではないでしょうから、経済学部の学生であれば、必ず読む機会はあると思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ric********さん

2018/10/1511:43:19

「機会」というのは
特にないと思いますよ。

大学の授業というのは
強いられてやるもんじゃなくて
自分でやるもんですから、

自分で読みたい、読む必要がある、
と思えば読めばいいし、
そうでなければ読む必要なんかないし


「読んでレポートを提出しろ」といわれたって
(特に英書購読の授業でもない限り)、
いろんな参考書に書かれていることをつぎはぎして
レポートを書いたって、
それを見て
本当に読んだかどうかなんて
わからないですよ。

何を読むべきか、何を読みたいか、
そんなことは自分で決めるんです。
それが大学の授業です。

l_l********さん

2018/10/1201:59:22

まずありません。
物理学科の学生がニュートンの著作を読まないのと同様、経済学部の学生は昔の偉い学者の著作を読んだりはしません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる