ここから本文です

MFクラウド会計のフリープラン、年間50件までの仕訳について課金せず利用しようと...

qqq********さん

2018/10/1210:06:13

MFクラウド会計のフリープラン、年間50件までの仕訳について課金せず利用しようと思っているのですが、その裏ワザとして、

年間50件までの仕訳を取引ナンバーひとつに対して丸1ヶ月分を入力するという情報をネット上で見かけました。
http://aoiro-shufu.com/report/1720

私は1日付けで取引ナンバーを取得し、行追加でその月の細々したやりとりを入力して、実際の日付は摘要欄に入力しておこうと思うのですが、この記帳方法はアリなのでしょうか?

こうすると日付でデータ集計ができなくなるのかもしれない(検索したりできなくなる???)のかなと思いますが、他に考えうるデメリットや不具合などありますでしょうか?

お詳しい方いらしたら教えてくださいませ。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
25
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yah********さん

2018/10/1212:09:29

検索はできますが
現金出納帳とあわなくなる。
事業貸、借をたようするのかも知れないが、mfクラウド以外に管理が必要
仕分けがの表現に限界がある以前に青色申告控除をうける帳簿を付けるを満たさないので、脱税。

ただで使う方法であって、青色申告を満たす方法ではない

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる